【開催報告】freee株式会社様に組織の価値基準をテーマにご講演いただきました。

2017年12月23日、国立オリンピック記念青少年総合センターにて、アイセック・ジャパンの次年度経営層を担う約200名の学生メンバーを対象に、freee株式会社様に「組織の価値基準」をテーマにご講演を行っていただきました。

 

ご講演の流れ

  1. freee株式会社の事業について
  2. freee株式会社の組織について
  3. アイセック・ジャパン アルムナイ*のfreee株式会社 大島佑斗様によるご講演
  4. 組織の価値基準を作るワークショップ

(*アルムナイ:OB・OGのこと)

 

1. freee株式会社の事業について

はじめに、freee株式会社様にて新卒採用責任者を務める高森昂大様より同社の事業についてご説明いただきました。

同社は、「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできる」社会を目指して活動しています。

スモールビジネスとは、主に中小企業のことを指しています。日本には数多くの中小企業が存在していますが、その中小企業の多くが人材や投資余力に限りがあり、会計・人事労務といったいわゆるバックオフィスの機能・サービスの充実化や効率化で大企業よりも遅れていることが課題となっています。バックオフィス業務の非効率によって、労働生産性が高い「本来の事業活動に集中できないのはもったいない。」というのが同社の根幹の考え方になっています。

同社は、現在「クラウド会計ソフト freee(フリー)」を80万を超える企業に提供していることで知られていますが、今後は会計や人事労務ソフトに留まらず様々なサービスを展開し、スモールビジネスの事業にとって不可欠なプラットフォームになることを目指しています。

 

2. freee株式会社の組織について

次に、freee株式会社の価値基準についてお話いただきました。

 

価値基準とは、強く、そして意思決定の早い組織であるために、その組織らしい行動や価値判断を行う基準のことです。

様々なバックグラウンドの人が集う組織で、早く意思決定を行い、成長できる強い組織を作るためには共通の価値観・価値基準が必要になります。

 

参考:freeeの組織力を最大化する工夫はトイレから | クラウド会計ソフト freee – 佐々木大輔のブログ

 

freee株式会社様の価値基準は以下の5つです。

【1】本質(マジ)で価値がある

【2】理想ドリブン

【3】アウトプット→思考

【4】Hack Everything

【5】あえて、共有する

この5つの価値基準が意思決定のツールになっていて、経営層だけでなく現場のメンバーもその価値基準に基づいて意思決定をしているそうです。

 

3. アイセック・ジャパン アルムナイのfreee株式会社 大島佑斗様のご講演

次に、アイセック・ジャパンのアルムナイで、現在freee株式会社の大島佑斗様がアイセック明治大学委員会の経営層を務めた現役時代を振り返って、価値基準を組織として持つことの重要性をお話していただきました。

 

まず最初に、現役時代に組織として上手くいったことを振り返り、「チームで共通の価値観を持っていたことが要因として大きかった。」とおっしゃっていました。

大島さん:

当時、共通の価値観を持ち意思決定することで事業の成長率をあげることを組織戦略の1つとして意識していました。

特別優秀なセールスマンなどがいたわけではない中でも目標を達成できたのは、「Venture committee」という共通の価値観を組織全体で持ち続けられたことだと考えています。

「Venture committee」という価値観を意識した背景は、2つありました。

1つ目は、前年度活動量が多かった割に成果が上がらなかったことです。成果をしっかり上げていくベンチャーになる必要があると感じていました。

2つ目は、「明治大学」という学風からも反骨精神が強く、まだ明治大学委員会は設立から歴史が浅く、他の委員会との対比がベンチャー企業と大企業の関係に似ていて、ベンチャーという価値観が浸透しやすいと思っていたためです。

そのため、「Venture Committee」という価値観を掲げ、メンバーが起業家精神を持つように意識付けしていきました。

委員会内にその意識付けをするために、経営陣の多くがベンチャー企業でインターンをしていたので、ベンチャー企業での意思決定をしっかり学ぶようにしていました。

アルムナイとの交流会を現役からのピッチイベントの形式にしたり、新規事業にメンターをつけたりして、点を点を線としてつないで「Venture Committee」という価値観がストーリーとしてわかるように施策を行っていきました。

その結果、自分たちが急成長するベンチャー企業にいる一員だという感覚を持ち、「Venture Committee」という価値観が浸透していきました。

早く、一貫性のある意思決定ができる強い組織になり、戦略の履行率が高く事業の成長率を高めることができました。

 

4. 組織の価値基準を作るワークショップ

最後に、freee株式会社様にて組織の価値観について業務を担う「価値基準委員会」の和田矩明様と、アイセック神戸大学委員会出身の藤井浩平様、アイセック関西学院大学委員会出身の上赤祥貴様をファシリテーターに交えて、それぞれの委員会ごとで組織の共通の価値基準を作るワークショップを行いました。

 

【ワーク①】チームで共通する価値観を理解する

前半では、委員会ごとにチームで共通する価値観を理解するワークを行いました。

「自分たちの委員会らしさとは何か?」

「自分たちの委員会っぽい人とはどんな人か?」

などの問いをもとに価値観を考えていきました。

 

このワークでは、単純に自分の委員会らしさを考えるだけではなく、「意思決定のための拠り所になるか?」という観点を重要視して、委員会ごとにチームの価値観を言語化していきました。

 

そしてもう1つ大切なこととして、全員が強い当事者意識を持てるかどうかという観点を重要視して価値観を策定しました。

 

【ワーク②】価値観を浸透させる仕組みを作る

後半は、前半に作った組織の価値観を浸透させる仕組みを考えました。

メンバーが使いやすい言葉に言い換えたり、使うシーンを考えたりしました。

 

例としてfreee様が当初の価値基準を浸透させる際の苦労や工夫を共有してくださいました。言葉をより普段の議論などから使いやすくする工夫や、普段から皆が目につくトイレの中に価値観を書いた張り紙をする工夫などをして浸透する仕組みを作っていました。

このワークでは、経営層が格好をつけるためや、格好いい言葉を並べるだけではなく、全員のメンバーが理解し、その一言で同じイメージを共有でき、普段の意思決定から使いやすい言葉を作ることを重要視して、価値観の浸透方法を考えました。

 

まとめ

  1. 共通する価値観があると「組織の進むべき方向性」への意思決定が早くなり、早くなると多くなり、多くなると仮説検証をする回数が増えるため成功する可能性が高まる。
  2. 組織は常に進化していくべき。組織の価値観も現時点での最適解にすぎないので、チームや事業が拡大しにいくに連れてどんどん見直されていくべき。
  3. 作ったものは、日々の意思決定の場面で使うこと。浸透のヒントは、①背景や想いを伝えて共感してもらうこと、②日々の仕事とつなげて、何をすれば良いかわかる状態にすること、③価値観に沿った行動をした人を評価すること。

 

参加者のコメント

今回のワークショップを通じて、委員会内での価値基準を策定しました。チーム内で常に意識しやすいように簡単な文言でありながら、行動や意思決定にまで落とし込める重要さを兼ね備えたものを考えるのはなかなか難しかったです。アルムナイの方ということもあり、アイセックに適用しやすい内容でお話いただき、とても良い学びになりました。

(2018年度アイセック慶應湘南藤沢委員会 受入研修事業統括)

 

組織風土や、浸透させていきたい価値観が、組織の中で統一していること、共通のイメージが湧いていることの重要性を伺うことができました。実際に自分の委員会において、経営者である私たちの大切にしたい価値観の定着のためには何が必要なのかを考えることは次年度の方針を策定する上で重要な観点になりました。

(2018年度アイセック青山学院大学委員会 委員長)

 

本イベントの概要

【開催日】2017年12月23日(土)

【対象】アイセック・ジャパンの次年度経営層を担う約200名の学生メンバー

【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター

【ご協力】

freee株式会社様(https://corp.freee.co.jp/

 

 

 

 

【プレスリリース】訪日外国人向けガイドマッチングサービスHuber.と 特定非営利活動法人アイセック・ジャパンが業務提携締結

2018年1月17日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

株式会社Huber.

 

訪日外国人向けガイドマッチングサービスHuber.と

特定非営利活動法人アイセック・ジャパンが業務提携締結

 

株式会社Huber.(ハバー)(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:紀陸武史、以下「Huber.」)と、特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(本社:東京都新宿区、会長:各務茂夫、以下「アイセック・ジャパン」)は、さらなるグローバル人材の育成とともに、訪日外国人向けのガイド不足解消に向けたガイド育成を目的に業務提携を締結しました。

 

《本提携概要》

実施期間:2018年1月1日〜2018年12月31日

展開箇所:日本全国

提携内容:

・アイセック・ジャパン所属25委員会は国際交流したい日本人と訪日外国人を繋ぐガイドマッチングサービス「Huber.」を利用し、全国にてガイドを実施。

・Huber.はアイセック・ジャパン所属25委員会メンバーを対象に、サービス説明などの研修を行いガイド実施までを定期的にサポート。

 

《本提携の背景》

2020年のオリンピック、パラリンピックや政府の外国人観光客誘致に向けた各種取り組みを背景とし、訪日外国人が大きく増加しております。また、通訳案内士法の改正により、一般の方に対しても外国語による有償ガイド業務が開放されました。しかしながら、対応できる人材が不足しており、全国各地で課題となっています。

Huber.とアイセック・ジャパンは、本提携により、グローバル人材の育成を促進するとともに、より多くの訪日外国人に日本の魅力を発信します。

本提携において、アイセック・ジャパンはHuber.サービスにおけるガイド経験を通じて世界各国の人々との定期的な国際交流の場を持つことで、グローバル人材の育成強化を図ります。

Huber.は全国各地のガイド登録者を増加させることで、さらなるサービス展開を図るとともに、全世界10万人のメンバーを持つアイセック・ジャパンの人的ネットワークにより継続的・安定的なガイド獲得を見込みます。

 

《株式会社Huber.とは》

会社名:株式会社Huber.(ハバー)

会社設立:2015年4月27日

所在地:神奈川県川鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエアビル2F

代表取締役:紀陸武史

会社理念:「世界中の人を友達に」

従業員:40名

主たる事業:①訪日外国人向け ガイドマッチング事業

②訪日外国人向け リサーチ事業

③訪日外国人向け プロモーション事業

サービスURL:https://huber-japan.com

ガイド登録ページ: https://huber-japan.com/guides/welcome
コーポレートサイト:http://huber.co.jp

 

日本を知りたい外国人観光客と、国際交流したい日本人の両者をつなぐ、

訪日外国人向けのガイドマッチングサービス。

サービス名にもなっている「Huber.」は「HUBになる人」という意味が込められており、

人と人の素敵な出逢い(つながり)を創造し、国境・文化・民俗・宗教・言葉、すべての価値観の壁を越え、世界中の人々が多様性を認め合える世界を創りたいという思いのもと

2017年10月17日にサービスの全国展開を開始しました。

 

《特定非営利活動法人アイセック・ジャパンとは》

団体名:特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

団体設立:1962年(2001年特定非営利活動法人各取得)

所在地:東京都新宿区新小川町4-16 飯田橋プラレールビル3F

会長名:各務茂夫

平和で人々の可能性が最大限発揮された社会の実現を目指し、海外インターンシップの運営を主幹事業とする世界最大の学生団体の日本支部。国際連合と提携し、持続可能な開発目標SDGsの達成に向けて協働しています。アイセック・ジャパンは1962年に設立され、現在国内では25の大学委員会で活動しています。若者が社会課題解決に向けたリーダーシップを磨く経験として海外インターンシップの設計・運営を行なっています。

サイトURL:http://www.aiesc.jp

 

 

【本リリースにおける連絡先】

◆株式会社Huber.

広報担当:渡邉・堤、 Tell:0467-81-4300 、Mail:support@m.huber.co.jp

 

◆特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

広報担当:浅野・田中、 Tell:03-6457-5806、 Mail:info@aiesec.jp

【メディア掲載】『ガクセイ基地』様にて、アイセック・ジャパンの活動に関するインタビュー記事をご掲載いただきました。

『ガクセイ基地』様にて、2017年度事務局長の熊本、アイセック上智大学委員会委員長の松山、上智大学委員会受け入れ事業担当の青木へのインタビュー記事をご掲載いただきました。

 

社会を変える共創的リーダーに/NPO法人 アイセック・ジャパン

 

株式会社電通様より、「イノベーション開発の実践とノウハウ」をテーマにご講演いただきました。

2017年12月24日(土)国立オリンピック記念青少年総合センターにて、アイセック・ジャパンの各大学委員会の次年度経営層を担う約200名のメンバーを対象に、株式会社電通マーケティングソリューション局ディレクショングループシニア・マネージャーの村越力様によるご講演をいただきました。

ご講演の内容

1. 最新のイノベーション開発の事例の紹介

2. イノベーション開発の事例研究 福井県鯖江市JK課

3. イノベーションを生み続ける組織作り

4. イノベーションを阻んでいるものは何か

 

1. 最新のイノベーション開発の事例の紹介

はじめに、電通様でこれまでに関わってこられたイノベーションの事例をいくつかご紹介いただきました。

企業の技術シーズと電通様のクリエイターのアイデアを組み合わせた事例や、インターネット上で数万人の人々が共創しアイデア発想を行った事例などをご紹介いただき、最新のイノベーション開発の手法を学びました。

2. イノベーション開発の事例研究 福井県鯖江市JK課

ここでは、地方創生におけるイノベーションの創出方法のひとつとして、お仕事で協力されている慶應義塾大学 大学院政策・メディア研究科 特任准教授の若新雄純先生プロデュースによる、福井県鯖江市JK課の取り組みについてご紹介いただきました。

JK課とは、福井県鯖江市が2014年にスタートさせた実験的な市民協働推進プロジェクトであり、地元の女子高校生たちが中心となって自由にアイデアを出しあい、さまざまな市民団体や地元企業、大学、地域メディアなどと連携、協力することでまちづくりにおけるイノベーションを推し進めています。

メンバーが集まれる時に集まり、雑談がそのまま会議になるなど「ゆるい」活動ですが、そこからユニークな企画が毎年20件以上も生まれており、事例をいくつかご紹介いただきました。

鯖江市役所JK課のホームページはこちら

3. イノベーションを生み続ける組織作り

鯖江市JK課の事例から発展し、イノベーションを生む組織のあり方についてお話しいただきました。JK課では、女子高校生が自由な発言ができるように、行政の職員は過度な指導はせず、意見に対しての評価や批判もしないということを意識されているそうです。

あくまでも行政職員は議事録をとる、JK課の活動をルーチン化して確立するなどの裏方に徹しているように、それぞれのチームにおける役割を認識することが大切であるとのことでした。

4. イノベーションを阻んでいるものは何か

ここでは、イノベーションを阻んでいる原因として、主に個人の振る舞いに関してのお話がありました。

アイデアを上から目線で評価することや欠陥をあげつらうことは避け、「気が進まない」「難しそう」と感じる自身の気分と行動を切り離して考え仕事に取り組むこと、そしてそうすることによって『面白がる力』を伸ばすことがイノベーションにつながることなどを学びました。

参加者のコメント

○鯖江市JK課の事例でおっしゃっていた「指導する立場、される立場をつくらない」という姿勢は大事だなと思いました。また、「イノベーションを起こす」というのは難しくて壮大なものに感じてしまう部分が今まではありましたが、鯖江市JK課の活動風景を拝見し、また、それに関する村越様の楽しそうなお話をお聞きして、イノベーションを起こすことは自分が思っていたよりもラフで楽しいことなのかもしれないと感じ、自分ももっと気軽に、アイデアを考えたり形にするのを楽しんでいこうと思うことができました!(アイセック慶應湘南藤沢委員会 2018年度副委員長)

○面白かったです。JK課のイノベーションについて伺い、純粋にワクワクし、自分たちの委員会には足りていない、想像力や楽しい議論のあり方に気付かされました。また、イノベーションを起こす話し合いを導くために、一人一人の議論に対する姿勢だけでなく、チームとしてのバランスやチームの中での個々の役割の重要性などにも気付かされ、ここで学んだことをこれからのチームとしての活動にしっかり活かしていこうと思いました。(アイセック南山大学委員会 2018年度副委員長)

本イベントの概要

【開催日】2017年12月24日(土)

【対象】アイセック・ジャパンの次年度経営層を担う約200名の学生メンバー

【場所】国立オリンピック記念青少年総合センター(〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1)

【ご協力】

 

 

 

 

 

 

 

株式会社 電通様(http://www.dentsu.co.jp/

 

【メディア掲載】「インターンバイト」にて、弊団体の2018年度代表・副代表の牧原と齋木へのインタビュー記事をご掲載いただきました。

有給インターン専門求人サイト「インターンバイト」様にて、弊団体の2018年度専務理事 兼 事務局長 牧原宙哉と2018年度次長 兼 受け入れ事業統括 齋木優輔へのインタビュー記事をご掲載いただきました。

 

「この世界をより良くするために」 その理念を体現し、紡ぎ、継承していく。 NPO法人アイセック・ジャパンの想いとは?|有給インターンならインターンバイト