2019年度専務理事兼事務局長選出のお知らせ

2019年度特定非営利活動法人アイセック・ジャパンの専務理事 兼 事務局長として、以下の者を選出いたしましたのでお知らせします。

【当選者】
阪田 直樹 神戸大学 工学部 電気電子工学科4年 (2018年度 アイセック・ジャパン事務局 高校出張事業担当)

—-

毎年アイセック・ジャパンでは、次年度学生代表の立候補者を1600人の会員の中から募り、学生代表である専務理事 兼 事務局長を選出する選挙を開催します。
投票権は、全国25大学委員会の委員長に託され、委員長の投票によって学生代表が選出されます。

本年度は以下2名が立候補し、選挙に臨みました。
なお、本選挙の結果は2018年度10月開催の秋期国内総会にて正式に承認されました。

【立候補者】

阪田直樹 神戸大学 工学部 4年 (2018年度 アイセック・ジャパン事務局 高校出張事業担当)

古川岳人 東京大学 前期教養学部 2年 (2018年度 アイセック東京大学委員会 委員長)

【選挙開催日時】 2018年度9月12日(水)

—-

専務理事挨拶

平素よりお世話になっております。
この度、次年度アイセック・ジャパンの学生代表に選出されました神戸大学4年の阪田直樹と申します。

今、多くの若者が「社会を変えたい」と様々な課題に挑戦しています。
私もその一人です。

「社会を変えたい」

そう一言でいうと、乗り超えることのできない壁を前に、無謀な挑戦をしているように思われることもあります。
ですが、その中でも「社会を変えたい」と言い続けた人たちが、これまで社会を変えてきました。
私もそうでありたいです。

未熟で、一人では何もできない僕たちの「社会を変えたい」という志を元に、たくさんの人と手を取り合い、ご縁を大切にすることで、大きな壁を乗り越えたい、そう強く思います。

そのような思いから、次年度の成果指標の一つに「どれだけ多くの方々と協働したか」を定めました。
私が代表を務める次年度は、Peace & Fulfillment of humankind’s potential (平和で人の可能性が最大限発揮された社会) というビジョンのもとに、アイセック・ジャパンに若きリーダーたちが集い、多くの方々と共創させていただく一年といたします。

今後ともどうぞ、アイセック・ジャパンをよろしくお願いいたします。

阪田直樹

【 本件に関するお問い合わせ先】

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 広報ブランド担当 担当:野村
阪田直樹:FaceBook
電話:03-6457-5806 Fax:03-6457-5809
Email:info@aiesec.jp