【SDGsを考える】#SDGs1 ─ 貧困を断つには

学校のPCの授業に付いていけないが、家が貧しいため、
1000円のキーボードだけで練習する。

 

NHKでの「貧困JK」のニュースが大きな話題になったように、社会は貧困に対する関心が高いです。

 

あの報道の真偽はともかく、日本の子供の6人に一人が貧困状態にあるというのは紛れもない事実です。
世界でも貧困についての関心は高く、国連の17の持続可能な開発目標にも、貧困をなくすことが一つ目の目標として掲げられています。

 

 

しかし、いまだ世界には貧困にあえぐ人々がたくさんいます。

 

なぜ貧困はなくならないのか。
その理由の一つとして、「貧困の再生産」という考え方があります。
貧しい家庭で育った子供はその貧しさゆえ、十分な教育を受けられず、
そのため大人になっても高収入な仕事に就けず、貧しいままで、それがまた子供にも連鎖する、という考え方です。
文部科学省のデータからも見て取れるように、確かに両親の収入は子供の大学進学率に大きく影響しています。

 

この富裕層と貧困層の格差をなくす方法として、
最近「21世紀の資本」で話題のトマ・ピケティ氏は税のバランスを変えることを提案しています。
消費税を増額するのではなく、相続税、固定資産税の累進課税を強化したり、低所得者に対する課税を減らしたりすることで、格差を縮めて貧困をなくそうとしています。

 

しかし、この方法はあまり良い解決策とは思えません。

 

まるで風邪を引いてから咳止め、解熱剤を飲み、そもそも風邪をひかないように予防することを怠るように、税金でバランスをとることは対症療法であり、根本的な解決にはつながらないのでしょうか。

 

 

では、貧困を根本から解決するにはどうすればよいのか。

 

それは教育の質を高めることではないでしょうか。

 

質の高い教育を受けることで、子供たちが将来に夢や希望を抱き、またそれを実現させる力を身につけさせ、子供たちの可能性を発揮することができれば貧困から脱することができます。

 

まずは学校教育、授業料の減免、将来に役立つカリキュラムの作成が必要です。

例えばフィンランドでは、大学までの学費が無料であり、プログラミングを必修化している地域もあるそうです。

 

貧困の解決方法、それは教育ではないでしょうか。

 

(事務局支援員・大阪市立大学2年・永岡慎吾)

 

 

参考:

http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/sdg/post-2015-development-agenda/goal-1.html

http://www.news-postseven.com/archives/20160909_446737.html

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpab200901/detail/1296547.htm

http://m.huffpost.com/jp/entry/4457438?ref=topbar

http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=8528

Photo via VisualHunt

【SDGsを考える】#SDGs2 ─ 行動を起こす

痩せ細った身体。

肌が骨にはりついているような、身体の肉が削げ落ちた子供たち。

頭が大きくアンバランスに思えるほど、身体が細く小さい。

 

私たちが暮らす、同じ地球で、そんな子供たちが懸命に毎日を生きていることを知っていますか。

 

そして私たちと同じ大学生が、その現実に真っ直ぐに向き合い取り組んでいることを知っていますか。

 

 

今、私たちの生活の裏側で、世界ではおよそ7億9500万人が飢餓に苦しんでいます。

そのほとんどが開発途上国に住み、そこでは人口の12.9%が栄養不良です。

子供は大事な労働力と考えられ、主に農作業に繰り出されますが、そうして作り出された食べ物は出荷されていき、働き手には僅かな収入しか残らない。

開発途上国全体で6600万人の小学生が空腹のまま学校に通っているのです。

 

そのような現状を変えるための、SDGsの2つ目の目標は、『飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する』ことです。

 

この目標にwindset FARMSが挑んでいます。

この団体によると、持続可能な農業とは、「農家の環境に悪い影響をほぼ残さず無期限に生産できる能力」だとしています。

それは新しい農業技術の開発に留まらず、

「環境管理、効率の良い農業、農業コミュニティーの繁栄」という3つのゴールを統合したものだとしています。

 

それを達成するために行われていることで、最近よく言われるのが遺伝子組み換え(GM)作物ですが、それだけが持続可能な農業に向けた取り組みではありません。

 

その例として、さきほど紹介したwindset FARMSでは、集めて処理をした雨水を潅水に利用したり、昼間に取り入れた太陽の熱気を夜に逃さないように全温室に保温カーテンを取り入れたりしています。

 

また、独立行政法人国際協力機構(JICA)では、対象国の農業の特徴に合った農業政策を支援しています。

具体例としては、灌漑施設などの改善を行ったり、穀物や家畜の生産技術の確立に取り組んだり、組織強化などの農業経営の改善に取り組んだりしています。

 

しかしこの問題に取り組んでいるのは、「大人」だけではありません。

 

組織改革やその浸透などへの取り組みは、現在世界各地で、専門家ではない一般の若者によっても進められています。

 

その代表的な団体にyouth ending hunger(YEH)というものがあります。

YEHは15から24歳の若者が活動している団体で、日本が本部のhunger free world(HFW)の青少年組織として飢餓や貧困の問題解決を目的として活動しています。

飢餓問題解決のための開発事業や啓発活動などを行っています。

具体的には、食事や貿易をテーマとしたゲーム大会を開催したり、支援金の確保の為にスポーツの大会に食べ物の屋台を出店したりしています。

 

このように、海外の飢餓の問題に対して実際に取り組んでいる若者がいます。

 

私たちは食料に困ることの少ない日本で生活をしている為に、その裏側で飢餓に苦しむ人たちがいることを忘れがちです。

 

しかし、日本で食料に困らずに生活している私たちだからこそ、

先進国で持て余しているお金や食料をどのように扱っていくのか、

比較的時間に余裕のある大学生の今こそ考えるべきなのではないでしょうか。

 

もう既に行動を起こしている人たちがいます。

その人たちの活動と想いを知り、もう一度、世界で起こっている飢餓の問題について考え直してみませんか。

 

 

 

【参照URL】
・AFPBB NEWS
http://www.afpbb.com/articles/-/3050053
・国連World Food Program(WFP)HP
http://ja.wfp.org/hunger-jp/stats
・産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/140918/lif1409180019-n1.html
・独立行政法人国際協力機構(JICA)HP
http://www.jica.go.jp/activities/issues/agricul/approach.html
・windset FARMS HP
https://www.windsetfarms.com
・youth ending hunger HP
http://www.youthendinghunger.net/about/index.php

 

 

【SDGsを考える】#SDGs3 ─ 日本が目指す福祉

みなさんは、「感染症」と聞いて、
何をイメージするでしょうか。

食中毒。
インフルエンザ。
日本脳炎。

日本には、この他にも、たくさんの感染症が存在しますが、
これらの病気は必ずしも私たちの普段の生活の脅威にはなりません。

世界の感染症

しかし、世界の国々を見たときにはどうでしょう。

たとえば、狂犬病。
これは、狂犬病ウイルスに感染した動物に噛まれることにより
傷口から唾液とともにウイルスが侵入し、
水を怖がるようになる(恐水病)、全身麻痺するなどの症状が出ます。

致死率がほぼ100%のこの病気により、
世界では毎日130人以上が亡くなっています。

日本では1957年以降感染は確認されていませんが、
これは世界でもとても珍しい安心できる国の一つです。

たとえば、人喰いバクテリア。
正式名称は「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」と呼ばれ、
子どもの15~20%が喉に保菌していると言われる溶連菌が血液中に入り、
普段は普段は重症化しないこの菌が
何かのきっかけで変化(重症化)してしまうことにより引き起こされます。

初期段階に、皮膚が赤くなる・手足の痛みと腫れなどが起こった後、
急激に手足が壊死する症状を起こし、
それに伴うショック、多臓器不全などを併発します。
また、発症から亡くなるまでが1日以内の人が43%もいました。

人喰いバクテリアの致死率は30%と非常に高く、
1987年にアメリカで最初に発見され、
日本でも最初の症例が1992年に報告されています。

2014年には日本での患者数が273人となり、今も増え続けています。

これら感染症に対し、日本でも対策・支援を行っています。

 

日本の新しい取り組み

国立感染症研究所では、感染症の研究や、
感染症情報の収集・解析・提供などを行っています。

JICAには、2015年10月から、国際緊急援助隊(JDR)の中に、
「感染症対策チーム」が設立されました。

この国際緊急援助隊は、海外からの要請に応じて、
感染症対策チームを含む、援助チーム、医療チーム、専門家チーム、自衛隊の、
5つのチームを被災国に派遣することができます。

感染症対策チームは、
コンゴ民主共和国で1,307人(6月24日時点)の患者が報告されている黄熱の感染拡大を受け、
保健省幹部への助言や、検査のための技術支援をするために、
今年2016年7月20日から8月上旬に、発足されてから初の派遣が行われました。

日本ではあまり話題にあがることの少ない感染症ですが、
目には見えないところで、少しずつしっかりと研究・支援をしているのですね。

SDGsの3つめのゴール、
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」への
貢献といえるでしょう。
ひとりひとりが感染症を防ぐためにできることをして、
少しでも早く、人々が安心して生活できるようになってほしいと思います。

 

参考:
http://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/sdg/post-2015-development-agenda/goal-3.html
http://life-traveller.com/rabies
http://www.jica.go.jp/information/jdrt/2015/20151020.html
https://www.hospita.jp/medicalnews/20160415a/
https://welq.jp/10578
http://www.jica.go.jp/information/jdrt/2016/20160719.html

【SDGsを考える】#SDGs4 ─ 様々な教育のカタチ

30人いる高校のクラスで、
3人の生徒は、卒業せずにいなくなってしまう──。

日本に、そんな高校があるのを知っていますか?

貧困、中学時代の不登校、いじめの体験、…
困難を抱える生徒たちが通う、”定時制高校”です。

経済的困窮度が高い生徒のほかに外国籍の生徒など、
さまざまな社会的弱者が集まっています。

明確な目的を持たずに入学してくる生徒には中途退学者が多いため、
2011年度の中退者は13.8%となりました。

SDGsの4つめのゴールは、
「すべての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進する」です。
しかし、我が国日本でさえ、決して「すべての人」が「公正な」教育を確保できているわけではないのが、現状なのです。

定時制高校生の自立をサポートする”SSW”


しかし実は埼玉県には、そうした定時制高校の現状に立ち向かおうとする、

「定時制高校生自立支援プログラム」と呼ばれる事業が存在しています。

それは、福祉や教育に精通する人やNPO、さらには地域が、
生徒の自己理解の促進や学習支援、講演会などを行うというものです。
平成24年度から始まりました。

支援を行う人々は、”スクールソーシャルワーカー(SSW)”と呼ばれ、
文部科学省が定めたいくつかの条件のもとで、選考されています。

平成25年度の県の高校中退者は減少し、
かつ中退の理由として「学校生活・学業不適応」は99人と大幅減少、
また「進路変更」が増加と、プログラムの成果はきちんと出ています。

しかし、依然として中退者が2000人以上いることを考えると、
まだまだプログラムの改善、継続が求められるでしょう。

一方・発展途上国カンボジアにも、
社会的弱者に位置する学生が集まる学校があります。
ただ、日本の定時制高校とはまったく異なるものです。

 

カンボジアで大注目の、就職率100%の学校


カンボジアでは、貧しい家庭出身の若者を、
たった11か月という短期間で一流ホテルに送り出している学校があります。

それが、フランスのNGO団体「Agir pour le Cambodge」によって運営されている
「サラ・バイ・レストラン・スクール」(http://www.salabai.com/html/)。

ホスピタリティ産業を学ぶために、カンボジア全土から選抜された17歳から23歳までの100名の生徒が、無料で学んでいます。
学費だけでなく、住居、食事、制服など在学中のコストは全て無料だそう。

こうして、日本の高校生にあたる年齢から、
ある分野のプロフェッショナルになることができる学校があるのは、
若者が未来を切り開く、現実的な1つの方法かもしれません。

日本もまだまだ、他の国から学ぶことがありそうです。

 

 参考:
http://synodos.jp/education/17199

http://greenz.jp/2013/10/22/sala_bai_hotel_school/