【イベント開催報告】アイセック×青学GSC「留学生インターンシップフェア」

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(以下アイセック)は、インターンシッププログラムを協働提供している青山学院大学地球社会共生学部(以下GSC)と10月26日(水)、「留学生インターンシップフェア」を開催いたしましたので、そのレポートをいたします。

本イベントは、GSC留学生と、外国人留学生のインターン採用に関心のある企業が直接対話できるMeet-upとして開催されました。

161026gsc

本イベントには、東南アジアのトップ層の大学からGSCに留学している11名の留学生が参加されました。

日本で働いたり、大学院進学を目標としている学生が多いため、皆さん熱心に企業の話を聞いていました。

161026gsc-2

イベント後は、もしお互いにニーズが合ったら、双方の取り決めの元でインターンシップ実施となります。

実際に、現在、留学中のインターンシップ実現に向けて、留学生・企業様で準備が進められています。

今後、インターンシップ中の様子もレポートいたします。お楽しみに!

<GSC学部長 平澤教授より>「日泰の架け橋」

161026gsc-3先日、ZEPPELIN社の荒川さんから
「弊社でインターンを受け入れる運びになりました。」
という内容のメールをいただきました。

縁あって、昨年からアイセック・ジャパンとGSCは協定を結び、地球の学生には海外のインターンシップ情報を提供し、GSCに来ている留学生には日本でのインターンシップを紹介する作業に協力する作業を開始しましたが、こうして目の前に成果が示されることはとてもうれしく、いい気分です。
考えてみれば、タイで生まれ、学び、はるばる日本に留学し、日本の企業に体験入社する留学生の行動力、決断力、挑戦する姿勢はとても頼もしく、一方、海外の学生をインターンシップとして受け入れるZEPPELIN社もまたこれからの企業は国家、民族、宗教を超えてともに協力していかなければならないという姿を示してくれています。

共に日泰の架け橋となる可能性を秘めており、わが学部の名称に埋め込まれた「共生」の2文字が形となる瞬間のような気がしています。

青山学院はその誕生をドーラ・E・スクーンメーカーという女性宣教師に負っています。彼女がはるばる米国から、明治維新直後の変革期の日本に来て女子小学校を開設したとき、まだ23才でした。GSCは現代の、また新時代のスクーンメーカーを生み出すことがそのミッションです。「女性でもできる。若くてもできる。」留学生、ZEPPELIN社様、どうぞ「共生マインド」をもって、日泰の架け橋となってください。

 

<共同提供プログラムについて>

アイセックとGSCは、共に地球規模で共生し社会課題を解決する人材の輩出を目指しています。 そこで、学生に学問と実社会での体験の両側面から働きかけ、より活躍する人材を輩出するべく、提携してインターンシッププログラムを提供することになりました。

なお、GSCの公式推奨プログラムとなっております。

<イベント概要>

■日時
2016年10月26日(水) 18:30~20:00

■場所
青山学院大学 淵野辺キャンパス F棟204教室

■内容
・留学生紹介
・参加企業紹介
・懇談会(ラウンドテーブル形式)

■参加者
(企業)
株式会社ZEPPELIN
株式会社Cart
インクループ株式会社
IMV株式会社

(学生)
留学生11名(タイ、マレーシア)

■協力
青山学院大学 地球社会共生学部長 平澤典男教授
青山学院大学 学務課
一般社団法人NAP

【イベント開催報告】Japan Woman’s Initiatives リユニオンイベント

特定非営利活動法人アイセック・ジャパンは、世界最大の外資系経営コンサルティングファームであるアクセンチュア株式会社と10月23日、「Japan Women’s Initiatives リユニオンイベント」を共同開催いたしました。

そのレポートを発表いたします。

jwireunion_1

「Japan Women’s Initiatives(以下JWI) リユニオンイベント」は、過去5年間のJWI運営者および参加者・アクセンチュア メンター社員・今期プログラム参加者が一堂に会し、フランクな雰囲気の中スタートしました。

歓談では、JWI同期生との再会だけでなく、OGOBの方々との新たな繋がりを持つことができ、有意義な時間となりました。参加者からは「久々に会う人や、同じプログラムを経験した人が今何をしているかを聞くことで、自分も何か頑張ろうと思う刺激になった」というお声をいただきました。

Head of Primary of British school in TokyoのKristen O’Connor様によるスピーチでは、まずご自身の経験から感じた日本女性のキャリア構築の難しさをお話していただきました。

さらに、「JWIは、日本の女性が互いに支えあい、リーダーを目指すためのコミュニティになる」というお言葉もいただきました。

jwireunion_2

JWI10期卒業生/Training Of Rural Women in Uganda 八木夏希様によるスピーチでは、「パイナップルワインでウガンダのNGOをサステイナブルに!」を立ち上げた当初のお話や、現在の活動とのつながりを聞くことができました。また八木様はJWIを通し、自分のペースで一歩ずつ進んでいく大切さを学ばれたそうです。

最後に、「自分の好きな自分になろう!」「急がず、腐らず、あなたらしく」などの現役生へのメッセージを頂き、プログラム参加者にとっては、まさにロールモデルとして自らの将来も見つめなおす機会となりました。

jwireunion_3

さらに、JWI合宿で実施したピッチプレゼンテーションにて好評価だった学生の、アワードを開催しました。テーマは「インターンシップを通じてどのような社会貢献/ビジネスアイディアを実現したいか」です。トップ3表彰式と景品授与を行いました。

jwireunion_5

JWIは、来夏にもプログラムを実施予定です。

ぜひご参加ください。

jwireunion_4

<イベント概要>

■日時
2016年10月23日(土) 18:00~20:00

■場所
アクセンチュアオフィス 赤坂インターシティー14階

■内容
・歓談
・ゲストによるスピーチ
・Head of Primary of British school in Tokyo Kristen O’Connor様
・JWI10期卒業生/Training Of Rural Women in Uganda 八木夏希様
・今期プログラム参加者によるプレゼンテーションおよび優勝者アワード

■参加者数
今年度運営委員 6名
アクセンチュア事務局・メンター社員(今年度/OBOG含む) 20名
今期プログラム参加生 9名
過去運営委員・参加者 40名

 

<Japan Women’s Initiatives>
アイセックと世界最大の外資系経営コンサルティングファームであるアクセンチュア株式会社がコラボした、”インターンシップ+キャリアバックアップサポート”のパッケージプログラムです。
2016年春までに約150名以上の女子学生を送り出し、今後も未来の女性グローバルリーダーの輩出を目指します。
・facebook:Japan Women’s Initiatives -Global Leaders Project-
・twitter:@JWI_AIESEC
・instagram:@aiesec_jwi

 

2015年度のアニュアルレポート公開

大学生を対象とした海外インターンシップの運営を行っている特定非営利活動法人アイセック・ジャパンはこのたび、2015年度のアニュアルレポートを公開いたしました。

https://issuu.com/aiesecjapan/docs/annualreport2015

主な内容は、
・団体情報
・会長/代表挨拶
・2015年度の成果報告
・活動報告
・財務報告
となっております。

ぜひご覧ください。

 

 

平成29年度学生代表選出のお知らせ

大学生を対象とした海外インターンシップの運営を行っている特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(以下、アイセック・ジャパン)は、平成29年度の専務理事 兼 事務局長を10月14日に選出しましたのでお知らせします。
アイセック・ジャパンでは毎年、次年度の学生代表である専務理事 兼 事務局長へ立候補する学生を全会員約1,800名から募り、10月に選挙を開催して全国25大学委員会の委員長による投票で選出しています。
本年度は3名の立候補がありました。 本選挙の結果および詳細は下記の通りです。 なお、本選挙の結果は秋期国内総会にて正式に承認されています。

―― 記 ――

【当選者】

  • 熊本大樹 慶應義塾大学 総合政策学部3年(平成28年度 慶應大学湘南藤沢委員会 委員長)

【立候補者】

  • 熊本 大樹 慶応義塾大学 総合政策学部 3年(平成28年度 慶應大学湘南藤沢委員会 委員長)
  • 黒尾 玲奈 一橋大学 法学部 法律学科 3年(平成28年度 一橋大学委員会 委員長)
  • 牧原 宙哉 東京大学 教養学部 文科一類 2年(平成28年度 事務局 事業開発担当)

【開催期間】

  • 投票・平成28年度 専務理事 兼 事務局長 選出 平成28年10月14日(金)
  • 選挙答弁 平成28年10月12日(水) - 14日(金) (※事前準備のため、秋期国内総会開始前日から実施)

以上

次年度学生代表・熊本よりご挨拶です。

====================================================================
平素よりお世話になっております。
この度、アイセック・ジャパン次年度学生代表に選出されました、慶應義塾大学3年の熊本と申します。
今、目まぐるしく変化する世の中において、若者一人一人が強いリーダーシップを開発し、発揮することが必要とされています。
だからこそ、一人でも多くの若者が、社会に顕在化する課題に目を向け、アクションを起こすことが必要です。
アイセックは次年度も、若者の今後の人生の意思決定に関わるような原体験の提供をしてまいります。
そして、社会を構成する様々な個人・組織との“共創”を推進し、社会に様々な”動き”を作り出せるリーダーの輩出を目指す1年にしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
====================================================================

<特定非営利活動法人アイセック・ジャパンについて>
設立:1962年 所在地:東京都新宿区新小川町4-16 及川ビル3F
代表:各務 茂夫(東京大学教授 産学連携本部イノベーション推進部長)
URL:http://www.aiesec.jp/
126の国と地域に支部を持つ世界最大の学生団体であり、日本国内では25の大学委員会で活動しています。次代を牽引する人財の輩出を目指し、一定期間海外で就業体験を積む海外インターンシップを学生に提供しています。

< 本件へのお問い合わせ先>
特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 広報・ブランド戦略局 担当:鬼頭
電話:03-6457-5806 Fax:03-6457-5809
Email:info@aiesec.jp

ICC×アイセック、
ソーシャル・イノベーション・カンファレンス2016
開催報告

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(以下アイセック)は、
2016年9月13日、ICCパートナーズ株式会社とICCカンファレンスを共同開催いたしました。

弊団体専務理事・福村(慶應義塾大学 経済学部 4年)より、カンファレンスの総括です。

——————————————————————————————————————

事業性と社会性を兼ね備えた”ソーシャルイノベーション”をテーマにICCパートナーズ様と本イベントを開かせていただきました。
セクターや世代を超えた共創が今後の日本、世界をよくしていくため、実際にソーシャルイノベーションに取り組まれている方々のお話をお聞きすることができ非常によい機会になりました。
今回の学びをもとに若者という立場からソーシャルイノベーションを推進していけたらと思います。

——————————————————————————————————————

カンファレンスを無事開催できましたことに感謝しつつ、
今後も社会で活躍される皆様と協働すべく、弊団体一同尽力してまいります。


ソーシャル・イノベーション・カンファレンス2016開催概要

主催:ICCパートナーズ株式会社 / 特定非営利活動法人アイセック・ジャパン
日時:2016年9月13日(火) 9:30~21:00
場所:晴海ターミナルホール
晴海客船ターミナル4階  〒104-0053 東京都中央区晴海5丁目7-1
内容
「教育」「地方創生」「働き方革命」「労働環境の改善」など社会課題に取り組む経営者・プロフェッショナルが白熱した議論を行う1日集中型のプログラムです。

▽登壇者(50音順、敬称略)
安部 敏樹  一般社団法人リディラバ/株式会社Ridilover 代表理事/代表取締役
堅田 航平  スマートニュース株式会社 ヴァイス・プレジデント 財務担当
白木 夏子  株式会社HASUNA 代表取締役兼チーフデザイナー
永田 暁彦 株式会社ユーグレナ 取締役
西村 勇也  NPO法人ミラツク 代表理事
長谷川 敦弥 株式会社LITALICO 代表取締役
松田 悠介  認定NPO法人 Teach For Japan 創業者 兼 代表理事
水野 雄介  ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO
三輪 開人  NPO法人 e-Education 代表理事
米良 はるか READYFOR株式会社 代表取締役CEO
山口 文洋  株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 代表取締役社長
矢島 里佳  株式会社和える 代表取締役
山田 敏夫  ライフスタイルアクセント株式会社 代表取締役 (ファクトリエ を運営)
吉田 浩一郎 株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 CEO

▽パートナー(スポンサー)企業
株式会社インテリジェンス
株式会社クラウドワークス
株式会社セプテーニ・ホールディングス
一般社団法人Venture’s Live Foundation
株式会社LITALICO
株式会社リンクアンドモチベーション

議論内容など​詳しい情報につきましては、今後ICC公式HPより投稿をご覧ください。
公式HPイベントページ

GOB Incubation Partners株式会社
山口高弘様、
東京大学委員会運営の
インターン公式アドバイザーに

2016年7月27日、GOB Incubation Partners株式会社 山口高弘様が
アイセック東京大学委員会運営の海外インターンシッププログラムの、
公式アドバイザーに就任していただけることが決定しました!

インターン生に、途上国の社会問題を解決する製品デザイン案を考えるための、
デザイン思考のインプットを行って頂く予定です。

ICC×アイセック、9月13日
ソーシャル・イノベーション・カンファレンス2016
開催決定 参加者募集中!

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(以下アイセック)は、
ICCパートナーズ株式会社とICCカンファレンスを共同開催いたします。

アイセックに所属していない学生の参加、
またサポーター、パートナーとして支援してくださる企業を募集しております。


ソーシャル・イノベーション・カンファレンス2016開催概要

主催:ICCパートナーズ株式会社 / 特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

日時:2016年9月13日(火) 9:30~21:00

場所:晴海ターミナルホール
   晴海客船ターミナル4階  〒104-0053 東京都中央区晴海5丁目7-1

内容
「教育」「地方創生」「働き方革命」「労働環境の改善」など社会課題に取り組む経営者・プロフェッショナルが白熱した議論を行う1日集中型のプログラムです。

▽登壇予定者(50音順、敬称略)
安部 敏樹  一般社団法人リディラバ/株式会社Ridilover 代表理事/代表取締役
堅田 航平  スマートニュース株式会社 ヴァイス・プレジデント 財務担当
白木 夏子  株式会社HASUNA 代表取締役兼チーフデザイナー
永田 暁彦 株式会社ユーグレナ 取締役
西村 勇也  NPO法人ミラツク 代表理事
長谷川 敦弥 株式会社LITALICO 代表取締役
松田 悠介  認定NPO法人 Teach For Japan 創業者 兼 代表理事
水野 雄介  ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO
三輪 開人  NPO法人 e-Education 代表理事
米良 はるか READYFOR株式会社 代表取締役CEO
山口 文洋  株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 代表取締役社長
矢島 里佳  株式会社和える 代表取締役
山田 敏夫  ライフスタイルアクセント株式会社 代表取締役 (ファクトリエ を運営)
吉田 浩一郎 株式会社クラウドワークス 代表取締役社長 CEO

+数名の登壇を予定しております。

▽パートナー(スポンサー)内定企業
株式会社インテリジェンス
株式会社クラウドワークス
株式会社セプテーニ・ホールディングス
一般社団法人Venture’s Live Foundation
株式会社LITALICO
株式会社リンクアンドモチベーション

 

参加お申込み方法:
以下の参加登録フォームよりお申込みください。
ICC/AIESEC ソーシャル・イノベーション・カンファレンス参加希望登録フォーム

​詳しい情報につきましては、ICC公式HP・facebookイベントページをご覧ください。
公式Facebookイベントページ
公式HPイベントページ

関係者の皆様へご注意

弊団体に所属していない人物が、学生や一部の企業に対し、
特定非営利活動法人アイセック・ジャパンの名を語って協働を持ちかける事案が複数発生しております。

2020年の東京オリンピックと弊団体が協力関係を結んでいるかのように伝えられているとのことですが、
そのような事実は現在のところございません。

また、アイセック・ジャパンの名前を使用することも許可しておりません。

もし同様の事例に遭った方がいらっしゃいましたら、
お手数ではございますが本HPのお問い合わせフォームよりお知らせいただければ幸いです。

【重要】「海外研修プログラム参加規約」改訂につきまして

この度、海外研修プログラム参加規約を一部改訂致しますのでご案内申し上げます。
指定保険の加入必須化に伴う、参加費の変更を含んでいます。

以下、改訂版の規約データ及び変更点のまとめになりますのでご確認ください。

アイセック・ジャパン海外研修プログラム参加規約(2016年7月1日改訂) 

■変更内容の詳細
新旧対照表(2016年7月1日改訂版)
※7月1日付で既にご契約の皆様に送付いたしました新旧対照表を、見やすく編集したものでございます。ご了承ください。

■規約変更の適用日
2016年8月1日

関東支部発・プロジェクトリーダー育成企画の開催報告

2016年6月26日、特定非営利活動法人アイセック・ジャパンの関東支部の委員長らは、関東圏の各海外インターンシッププログラムの責任者に向け、育成企画を合同開催いたしました。

支部発の、プログラム責任者に向けた企画は団体史上初めてです。
意見交換や、マネジメントに関するインプット、来年度の構想などが行われました。

2016年度より、弊団体の海外インターンシップは、社会課題の解決や専門性の獲得に注力した設計となっております。
そうした設計を担う責任者たちを育成する重要性を鑑み、今後も企画開催やサポート体制構築に尽力してまいります。