【協力企業作成動画】アクセンチュア株式会社様の紹介動画にJapan Women’s Initiativesが掲載されました

2018年11月16日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン


アクセンチュア株式会社様の紹介動画に
Japan Women’s Initiativesが掲載されました

 

海外インターンシップ事業を主幹事業とする特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(本部:東京都新宿区、会長:各務 茂夫)の、アクセンチュア株式会社様との共同プログラム「Japan Women’s Initiatives」(以下JWI)がアクセンチュア株式会社様の紹介動画に掲載されました。

 

▼JWIの概要

Japan Women’s Initiatives(JWI)プログラムは女子学生限定の自己成長特化型海外インターンシッププログラムです。”想いをカタチにする女性であふれる社会”という理念のもと、世界最大級の総合コンサルティングファームであるアクセンチュア株式会社様とアイセックが共同し、プログラムの作成と運営を行っています。2010年に始まり、過去約230名以上の女子学生を送り出してきました。

 

▼アクセンチュア様から学生の皆さんへ

「将来は、世界を舞台に活躍したい!」「日本をもっとグローバルにしたい!」といった思いを持っている女子学生の皆さんに、国際リーダーシップを学び、体感する機会を提供したいとの思いにより、本プログラムを始めました。プログラムの卒業生である先輩たちが数多く、あらゆる業界で活躍しています。現役参加女子学生、卒業生、アクセンチュア社員によるメンターを繋ぐ同窓会ネットワークの構築を始めて今年が3年目。このネットワークが皆さんの人生の有益な場の一つとなるように「JWIコミュニティ」を形成していくことを目指しています。是非その一員になりませんか?

 

▼動画はこちら

 

▼運営代表者からの言葉

 

アクセンチュア株式会社

金融サービス本部マネージング・ディレクター 門田 麻子様

 

女性リーダーを多く生み出しているアクセンチュアでは、次世代の女性リーダーを育てていきたいとの思いのもと、本業で培ったノウハウやスキルを生かしてJapan Women’s Initiativesに取り組んでいます。これからもアイセック様と共同して、女子学生の皆さんに向けたより良いプログラムを企画・提供していきます。

世の中を変革していくには、多様な人材が必要だと考えています。今まで多くのことを学び経験してきた皆さんは、その知性を生かして社会が必要としているインパクトを与えることのできる貴重な人材の一人です。プライベートライフにおける夢の実現と共に、社会の一員として活躍することで、よりカラフルな人生を送ってもらいたいと思います。

Girls, be ambitious!

 

アイセック・ジャパン事務局員 / 2018年度JWI運営責任者

野崎 琴未(慶應義塾大学4年)

 

女性の社会進出という言葉が世の中に浸透し始めてから、数年が経とうとしています。少しずつですが、社会も女性も自分らしさを発揮しながら前に進んでいると思います。JWIがそんな世の中を更に前に進めることができるプログラムになるよう努力していきます。

女性リーダーが社会をより良い方向へ導く。私はそう信じてこれからも様々な活動を続けていこうと思います。

 


 

▼アクセンチュアの社会貢献活動について
アクセンチュアは、事業活動を通じて培った「人材のスキルを高めるノウハウ」を活かし、コーポレート・シチズンシップにおけるグローバル統一テーマ、「Skills to Succeed(スキルによる発展)」に取り組んでいます。「2020会計年度末までに世界中で300万人に就業や起業に関わるスキル構築の機会を提供すること」を目標に掲げ、高い実行力を持ったNPO法人と協力して、 国や地域の実情に合わせて選択した「人材スキルの向上」に関わるさまざまな活動を推進しています。
2010
年にSkills to Succeedのプログラムを開始して以来、全世界220万人以上に対して就業や起業に関わるスキル構築の機会を提供してきました。

 

▼アイセックは共同プログラムを行って頂く企業様を募集しております。
アイセックでは、海外インターンシッププログラムを共同開発して頂く、または共同活動を行って頂くパートナー企業様を募集しております。
ご興味がありましたら、info@aiesec.jpまでお問合せください。

 

▼本件に関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 広報担当:中居磨美、野崎琴未

電話:03-6457-5806  Fax:03-6457-5809  Email:info@aiesec.jp

【メディア掲載】『ガクセイ基地』様にて、アイセック・ジャパンの活動に関するインタビュー記事をご掲載いただきました。

『ガクセイ基地』様にて、2017年度事務局長の熊本、アイセック上智大学委員会委員長の松山、上智大学委員会受け入れ事業担当の青木へのインタビュー記事をご掲載いただきました。

 

社会を変える共創的リーダーに/NPO法人 アイセック・ジャパン

 

【メディア掲載】「インターンバイト」にて、弊団体の2018年度代表・副代表の牧原と齋木へのインタビュー記事をご掲載いただきました。

有給インターン専門求人サイト「インターンバイト」様にて、弊団体の2018年度専務理事 兼 事務局長 牧原宙哉と2018年度次長 兼 受け入れ事業統括 齋木優輔へのインタビュー記事をご掲載いただきました。

 

「この世界をより良くするために」 その理念を体現し、紡ぎ、継承していく。 NPO法人アイセック・ジャパンの想いとは?|有給インターンならインターンバイト

 

【メディア掲載】Africa Quest.comにて、弊団体のプログラム”EN”の全8回の連載記事をご掲載いただきました。

Africa Quest.comにて、弊団体の海外インターンシッププログラム”EN”の全8回の連載記事をご掲載いただきました。

アフリカへの第一歩 | Africa Quest.com

 

【メディア掲載】JEEKインターンにて、弊団体へのインタビュー記事を3本ご掲載いただきました。

日本最大のインターンシップ情報サービスJEEKインターンにて、弊団体へのインタビュー記事を3本ご掲載いただきました。

大学生活は「自分のポテンシャルを最大化する時間」 世界最大の学生団体、アイセック・ジャパンのトップが語る 学生生活における“機会選択の基準”とは?/就活/インターンシップのお役立ちコラム | JEEKインターン(ジークインターン)

 

「私の人生このままでいいの?」 葛藤しながらも今に熱中するAIESEC各大学委員長に迫る/就活/インターンシップのお役立ちコラム | JEEKインターン(ジークインターン)

 

実体験が将来の軸を決め、大学の履修を変えた。 世界最大の学生団体アイセックのメンバーが語る、 海外インターンシップのリアルとは?/就活/インターンシップのお役立ちコラム | JEEKインターン(ジークインターン)

 

【メディア掲載】ROCKET STARTにて、弊団体の2017年度・2018年度専務理事の熊本と牧原がインタビューを受けました。

名刺アプリEightが運営する挑戦する学生を応援するメディアROCKET STARTにて、弊団体の2017年度・2018年度専務理事の熊本と牧原がインタビューを受けました。

大学生が名刺をもつメリットとは? 学生団体「アイセック・ジャパン」の代表と次期代表に聞いてみた – ROCKET START

 

【メディア掲載】「農業共済新聞」2017年10月25日号にて、アイセック上智大学委員会での海外インターンシップ受け入れに関してご掲載いただきました。

「農業共済新聞」2017年10月4週号「青年」面にて、アイセック上智大学委員会での海外インターンシップ受け入れに関してご掲載いただきました。

 

原稿のPDFファイルは以下のリンク先からご覧いただけます。

農業共済新聞10-4w 青年面(小)

 

NPO法人PALETTE様に、アイセック一橋大学委員会 細貝へのインタビュー記事をご掲載いただきました。

NPO法人PALETTE様に、アイセック一橋大学委員会 細貝へのインタビュー記事をご掲載いただきました。

 

 

ネイチャーダイン株式会社のプレスリリースにて、「持続的な開発目標SDGs」に向けたアイセック・ジャパンとの協働に関してご掲載いただきました。

ネイチャーダイン株式会社のプレスリリースにて、国連が提起している「持続的な開発目標SDGs(Sustainable Development Goal)」に向けたアイセック・ジャパンとの協働に関してご掲載いただきました。

該当箇所はこちらになります。

 

■食糧危機や戦争を回避し持続可能社会構築に向けた抜本的な施策を提起(ネイチャーダイン株式会社)

https://naturedyne.com/news20170920.html

大学生向けメディア「POP」にて、アイセック一橋大学委員会 飛矢智希へのインタビューが掲載されました。

大学生向けメディア「POP」にて、アイセック一橋大学委員会 飛矢智希へのインタビュー記事をご掲載いただきました。