【開催報告】茨城県つくば市に世界各地の大学生が集結 国際会議「Daybreak」開催

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

茨城県つくば市に世界各地の大学生が集結
国際会議「Daybreak」開催報告

 

特定非営利活動法人アイセック・ジャパンは2018年8月17日から20日にかけて、茨城県つくば市にて国際会議「Daybreak」を開催しました。

▼国際会議「Daybreak」概要

世界各地の10以上の国や地域から、大学生が茨城県つくば市に集まり、お互いとの対話を通して各国が抱える社会課題に対する理解を深め、また、ご協力いただいているつくば市役所の方々や協賛企業と共に、世界の若者の社会課題解決に向けたリーダーシップを育むためのインターンシッププログラムの企画案を練ることを目的にした会議です。
会議当日は、ベトナム、オマーン、アフガニスタン、中国やフィリピンをはじめとする国と地域の若者と、日本人学生、総勢100名がつくば市に集まりました。


事業開発コンテンツではチームごとに海外インターンシップを企画し
つくば市や協賛企業の方に発表し、評価していただきました。

参加者の声

これこそアイセックの魅力であるなと感じることができた国際会議でした。普段はいかに社会にインパクトを生むかという話を日本人だけで行なっていました。しかし、この会議では世界の様々な国から集まった仲間とともに議論し、僕らが作りたい世界やプロジェクトを国や宗教、価値観を超えてともに見出せたことがとても感動的でした。第二次世界大戦後に惨劇を二度と生まないために生まれたこの団体が作り出した奇跡のような瞬間に出会うことができて、またこれから気持ち新たに目指したい世界に向かって世界の仲間とともに走っていこうと思います。

(東京大学委員会 男性)


参加者が会期に期待することを書いたポストイット

実行委員長より

社会の課題解決に若者がグローバルに共創する。その共創が弊団体の日々の海外インターンシップ事業運営活動につながることを目指して本会議を運営していました。
この会議を通して、社会の課題をグローバルに共創し解決していくことの難しさとその可能性を僕を含めて多くの人が感じられたのではないかと思います。世界中のAIESECという文脈で繋がった仲間と力を合わせて、よりよい世界へと具体的な変化を起こし続けることが弊団体の存在意義であると思います。この会議がその何かしらの契機となっていれば幸いです。協力頂いた全てのパートナー、参加者、運営の皆様、この会議の実現にお力添えいただき、ありがとうございました。

(神戸大学委員会4年 齋藤侑治 )

<イベント概要>
日時:8月17日(金) – 8月20日(月)
場所:つくばグランドホテル
茨城県つくば市筑波1050-1


 

▼特定非営利活動法人アイセック・ジャパンについて
平和で人々の可能性が最大限発揮された社会の実現を目指し、海外インターンシップの運営を主幹事業とする世界最大の学生団体の日本支部。国際連合と提携し、持続可能な開発目標SDGsの達成に向けて協働しています。アイセック・ジャパンは1962年に設立され、現在国内では25の大学委員会で活動しています。若者が社会課題解決に向けたリーダーシップを磨く経験として海外インターンシップの設計・運営を行なっています。

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 広報担当

電話:03-6457-5806  Fax:03-6457-5809  Email:info@aiesec.jp