目標達成の体験を伝えに、カンボジアへ! 【海外インターン体験記】【連載1】明治大学2年 花本夏貴

初めまして。明治大学2年の花本夏貴です。

2017年7月30日から6週間、アイセックのインターンシップを利用し、カンボジアで現地の子供達に英語教育、SDGsのワークショップ、運動会を行います。

出国して2日が経ちました。

今回は、僕がなぜインターンシップに参加しようと思ったかについて書かせていただきます。

そもそもの話になるのですが、僕自身、小中高10年間、野球をしていました。

自分の中で最も印象的だったのが中学時代です。

所属していたクラブでは県内ではほぼ無敵でしたが全国大会には出場したことがありませんでした。

そんな中、クラブ史上成し得たことない「全国制覇」という大きな目標を掲げ、日々練習していました。

その際、学年・ベンチ内外関わらず1つの目標に全員で向かっている様子が今でも思い出されます。

最終的には全国制覇まであと1歩の「2位」という結果に終わってしまいましたが、この経験が今でも自分の人生の糧になっています。

高校でも野球は続けていたものの、チームの状況などから中学時代のような大きな目標を見失ってしまい、半ば腐りながら高校野球を続けていました。

改めて振り返ってみると「目標達成」の重要さに気付かされます。

 

目標のないつまらない人生を過ごして欲しくない、その目標達成の原体験をスポーツを通じて提供したい、そんな思いからアイセックに入会し、今回のインターンシップ参加となりました。

 

カンボジアに興味を持ったのは、自分が浪人していた時です。

世界史の先生がカンボジアの「ポルポト政権」で知識人がいなくなったこと、知り合いの方でマラソンシューズを現地の子供たちに送っている方がいる、というお話をされました。

それ以降、カンボジアという国について興味を持ち、自分でカンボジアの子供たちに何かしたいという思いも芽生えました。

現地プノンペンの孤児院にいた子供たち

カンボジア渡航前に、担当マネージャーの飛矢智希(一橋大学3年)さんと、今回の海外インターンシップを通して何を成したいかを一緒にお話しました。

飛矢さんも2年前にアイセックの海外インターンに参加し、それ以降も定期的に現地で運動会を開催されています。

現地で経験されたことなどを詳しくお話してくださり、今回初の海外長期滞在となる自分にとって、非常に心強い存在でした。

また、愛知県の中学校で、生徒と運動会の種目を一緒に考えたり、アイセックのEIPというプログラムを利用し、「自分の中での教育とは何なのか」を再定義しました。

担当マネージャーの飛矢智希さん(写真右)。

現地の小学生は、小学校の就学率は高いものの、依然ドロップアウト率が高くなっています。

就学率が93%なのに対して、卒業する生徒は50%前後です。

ドロップアウトする理由の一つに「学校が楽しくない」ということがあります。

まず、子ども達にとって学校が楽しい所であることを、英語教育やスポーツ教育を通じて教えていけたらなと思います。

楽しくするための手段の1つとして運動会を開催するので、そこでスポーツの楽しさや生徒全員で目標達成する楽しさを共有できたらなと思います!

EIPのTeach For Japan監修の渡航前研修合宿#2の様子

 

【花本夏貴さんの参加したEducation Innovator Programmeの詳細はこちら!】