【イベント開催報告】アイセック同志社大学委員会 キャリアを考えるイベント「New Look」を開催

2019年1月8日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン


アイセック同志社大学委員会
キャリアを考えるイベント「New Look」を開催

 

 

海外インターンシップ事業を主幹事業とする特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(本部:東京都新宿区、会長:各務 茂夫)の会員団体であるアイセック同志社大学委員会は、2018年12月13日、同志社大学で、LINE株式会社・株式会社ベネッセコーポレーション・株式会社リンクアンドモチベーション・シスコシステムズ合同会社をお呼びし、アイセックメンバー約80人に対し、キャリアを考えるイベント「New Look」を開催致しました。

▼イベント開催背景

弊委員会では、大学生活を過ごしたアイセックでリーダーシップを発揮する経験と、卒業後のキャリアとのつながりを感じにくいメンバーがいることへの課題意識がありました。そこで志を持った学生を応援したい企業様にお声かけし、開催に至りました。

▼イベント目的

所属するメンバーが活動やそこで得た経験を、自身のキャリアに結びつけ、社会に出てからもリーダーとして輝き続けることができるようになることを目的として開催に至りました。
また、社会にインパクトを与える事業を行っている企業様と共同で開催することで、メンバーが社会でより価値発揮するために最適なキャリアを選択できれば、社会も大きく前進するのではないかという期待も込めました。

▼イベントの流れ

1.オープニング
2.登壇者様のご講演
3.パネルディスカッション

▼イベント詳細

 

1.オープニング

はじめに、本イベント主催者の弊委員会副代表 北島和季より、「New Look」を開催する背景や目的をお話しさせていただきました。
また、登壇者様より簡単に自己紹介をしていただきました。

2.登壇者様のご講演

4名の登壇者様に以下のテーマで、ご講演いただきました。
・株式会社リンクアンドモチベーション 竹池 日出人様「これからの社会で必要なキャリアの考え方とは?」
・シスコシステムズ合同会社 Jerry Xue様「働きがいのある組織で実践されていること」
・株式会社ベネッセコーポレーション 五反田 麗様「教育業界で働くということ」
・LINE株式会社 青田 努様「いいキャリアとは」

 

 

3.パネルディスカッション

キャリアをテーマに、弊委員会 北島をモデレーターとして、4名の登壇者様とディスカッションをさせていただきました。
事前に参加者から集めた悩みや質問をもとに、「具体的にやりたいことが見つからない」「幅広い経験を取るべきか、一つのスキルを磨くべきか分からない」といったテーマについてお話しいただきました。
特に、「キャリアプランを描けていない」といった不安を抱える参加者の声に対し、「そもそも鮮明に描くことにこだわり過ぎず、大まかな人生のミッションや根源的なモチベーションをとらえた上で、目の前のワクワクすることに一生懸命取り組むことが大事」というご意見が参加者の心にも残っていたようです。

 

 

▼参加者の感想

・キャリアを考える際に、自分が影響を与えられる人数と影響度合いのバランスという着眼点がとても新鮮で参考になりました。
・「努力はセンスを凌駕する」という言葉が印象的でした。
・ 元々「仕事」と聞くと、大変とか辛いっていうイメージもありましたが、キャリアについてのお話や、実際に新しい柔軟な働き方を実践されている話を聞いて、働くことを以前よりもポジティブに捉えるようになりました。

▼イベントについて

【イベント名】New Look
【参加者】アイセック同志社大学委員会 及び アイセック京都大学委員会メンバー 約80名
【日時】12/13(木) 18:30-21:00
【場所】同志社大学 今出川校地 新町キャンパス
【ご協力】
LINE株式会社(https://linecorp.com/ja/)
株式会社ベネッセコーポレーション(https://www.benesse.co.jp/)
株式会社リンクアンドモチベーション(http://www.lmi.ne.jp/)
シスコシステムズ合同会社(https://www.cisco.com/c/ja_jp/index.html)

 

 

▼特定非営利活動法人アイセック・ジャパンについて
平和で人々の可能性が最大限発揮された社会の実現を目指し、海外インターンシップの運営を主幹事業とする世界最大の学生団体の日本支部。国際連合と提携し、持続可能な開発目標SDGsの達成に向けて協働しています。アイセック・ジャパンは1962年に設立され、現在国内では25の大学委員会で活動しています。若者が社会課題解決に向けたリーダーシップを磨く経験として海外インターンシップの設計・運営を行なっています。アイセック・ジャパンの会員団体の一つであるアイセック同志社大学委員会は、同志社大学の学生を中心としたメンバーで活動しています。

 

▼本件に関するお問い合わせ

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 広報担当:中居・木下
電話:03-6457-5806  
Fax:03-6457-5809 
Email:info@aiesec.jp