アイセック初!ラオスでの海外インターンシップ【海外インターン体験記】【連載1】青山学院大学 勝呂夏美

サバイディー!

初めまして。青山学院大学1年の勝呂夏美です。

ラオスに6週間インターンすることになりました!

最初の挨拶はラオス語でこんにちはという意味です。ラオス語はタイ語と発音がそっくりのようです。

今日で早くも滞在7日目です。

今回は私が参加するインターンの概要と私が今週体験したことについて書きます。

私がインターンするのはADDP(アジアの障害者活動を支援する会)というNPOです。

主な仕事内容はパラスポーツイベントの手伝い、イベント広報活動、障害者の就労サポートとしてのクッキー販売、事務作業などです。

今週はクッキー部門で働きました。ADDPでは障害者が全て手作りでクッキーやその他お菓子を作り販売しています。

中には話すことができない方もいましたが、手話などを使ってコミュニケーションをとりました。

彼女たちは障害を感じさせない仕事ぶりで、私がサポートをする必要はありませんでした。

この1週間で私が今まで勝手に抱いていた障害者への偏見は無くなりました。むしろ、誰だって得意不得意があるのは当然で、挑戦し練習をすればできることは広がるとのだ感じました。

クッキーを作る女性—ADDP Cookies

私には社会課題解決とかそんな壮大なことはできないかもしれません。

しかし、今回のインターンで現地の人にしっかり向き合って自分にできることをしていきたいです。

今まで失敗を恐れて自分の意見を言うのを躊躇したり、すぐに諦めたりしてきましたが、今回のインターンでそんな自分の弱いところを変えたいと思います。

自分のできることは限られているとは思いますが、いろんなことに挑戦して、現地の人や周りの人に少しでも影響を与えられたらいいなと思います。

初日の仕事を終えた後、車椅子バスケの練習に参加しました。

私は体育館での練習には体育館履きが必要だと思ったので体育館履きを持って行きました。

しかしそこで練習していた人は誰も靴を履き替えていませんでした。そのため床は砂で汚れていて、ボールを触ると手が真っ黒になりました。

それでも実際にプレーする人たちは日本と変わらずバスケを楽しみ、上手になりたいという思いで練習している様子でした。

障害があることにマイナスイメージを描きがちですが、一緒にスポーツをしているとそんなことをちっとも感じません。

ここにいる人たちはみんな生き生きとスポーツをしているように見えました。みんなで楽しめるスポーツは人を明るくさせるなと思います。

車椅子バスケットの練習風景

ラオスなのになぜベトナム戦争?と思いながらもベトナム戦争の資料館に行ってきました。

そこでわかったことはラオスもベトナム戦争の被害を被っていたと言うことです。ラオスはベトナムの隣に位置していて、アメリカがベトナムの経由地を断つためにラオスにも攻撃したのです。

そのため現在でもラオスには多くの不発弾が眠っています。ルアンパバーンという世界遺産としても有名な都市は地雷の町としても有名です。

ラオスの障害者の中にはこの不発弾によって体の一部を失った人もいます。

私には地雷をなくすことはできないけれど、地雷がいち早くなくなってみんなが安心して暮らせる日がくるといいなと願うばかりです。

COPEというベトナム戦争資料館—展示された義足