ウガンダの農家さんたちの生活環境を改善したい!【海外インターン体験記】【連載3】神戸大学 岡村冴花

こんにちは!
ウガンダでの研修が残り1週間ほどとなりました、神戸大学国際人間科学部一回生の岡村です!

今回は、私のインターンの内容についてお話ししようと思います。

まず、どんな活動をしているNGO団体なのか?

私のインターン内容を語る上で欠かせないのが、私の勤務先のNGO団体『Multipurpose Training and Community Empowerment Association』についての基礎知識です。

『Multipurpose Training and Community Empowerment Association』略してMTCEAは、所在地のイガンガ県周辺の農家さんの共同体を定期的に訪問して農法に関するアドバイスを行ったり、生徒を募ってパソコン教室を開いたり、地域に密着して活動を行っているNGO団体です。
私はそのうちの、農業に関わる分野でインターンを行っています。

ウガンダの人の8割以上が農業をしている!

副題にある通り、ウガンダの人口のうち8割は農家さん。
でも、そんな国を支える立場にある農家さんの生活の質は十分なものではありません。

トイレが無い家があったり、煙をたくさん排出するストーブのせいで泣きながらご飯を用意したり、子供の学費が払えなかったり……。

そこで、MTCEAでは農家さんたちの理想の家づくりを進めることとなりました。

理想の家づくりのためのミーティング。 小さなNGO団体なので、皆がそれぞれ意見を出し合いやすいです。

小さなNGO団体なので、皆がそれぞれ意見を出し合いやすいです。

そして、目指すこととなったのが以下の6点。
1、食料安全の保障(生活に必要な、十分な栄養を含んだ食料を確保する、ということです。)
2、栄養の改善
3、環境保全
4、集団でのプロジェクト推進(例:村全体で協力して牛を飼う。)
5、衛生状態の向上(例:トイレ、手洗い場の設置)
6、コミュニティー全体での貯金

そして、全ての要素をまとめて、”HOME IMPROVEMENT”と呼んでいます。
全部しっかりと説明したいのですが、詳しくはMTCEAのfacebookをごらんください。(https://web.facebook.com/MTCEA.Uganda/)

私の滞在期間内に全てのワークショップを行うことはできませんが、もしこれらが達成できたなら、農家さんの生活は大きく変わるのではないか?と楽しみです。

↑話し合った末に考え出された農家さんの家の理想形を、わかりやすく絵にしたもの。
ただ、書き終わった後にスペルミスを見つけてとても落ち込みました……

外部から来た私の価値とは?

最初のワークショップは、食料安全保障に関するもの。
MTCEAは、農家の皆さんに家の周りにバナナ農園を作ってもらうことで、必要最低限の食事と栄養、そして売却した時には収入源にしてもらうことを考えています。(ただ、バナナは栄養価が高いために土地の栄養分を吸い取ってしまうので、家畜の糞や落ち葉を利用した肥料を用いる必要があります。)

バイクに乗って1時間かけ、農村の一つへ。
MTCEAが協力している農家のグループは大きく分けて3つの県に分かれており、その中に26もの農家グループが存在します。
中にはバイクで2時間ほどかかる地域もあり、ボランティアでここまで自分を犠牲にしている団体の方の思いに圧倒されます。

↑箇条書きにしたプロジェクトの要素を説明し、その利点などを説明します。

ただここで問題なのは、農家さんに英語がわかる方が少ないということ。
現地のボランティアの人が通訳してくれないと、言葉が通じません。

また、現地の人だからこそ取り上げやすい説明する上でのエピソードなどもあり、私が説明して現地の人に訳してもらうより、現地の人が説明した方が明らかに効率的だと感じました。
外部から来た私の価値とはなんなのだろう?と考えさせられ、時には虚しさを感じます。
この問いは、研修が終わりに近づいた今でもずっと考えています。

↑いいバナナの芽の見分け方を紹介しています。

 

↑実際に説明するだけでなく、村の人と一緒に実践演習をします。
これはバナナの種を植えているところです。

 

1週間後……

1週間後、私と2人の現地ボランティアさんで、農家の皆さんがどれくらいこの取り組みに賛同して実行に移してくれているのか調査しに行きました。

すると、農家さんの家の周りには新しくバナナが植わっていました。

↑一番見事に作られていたバナナ農園。
もともとここには硬い地面しかなかったのに、1人で耕して種を植えるということをやり遂げたそう。
その精神に感服します。

ただ、ワークショップに参加していた全ての農家さんが実践しているわけではありません。

当たり前ですが、このバナナ農園を「やりたい」と思う人と、「やりたくない、メリットを感じない」、と思う人がそれぞれ存在します。
どうすれば、より多くの人に役に立てることができるのか。
自分からやろう、と思えるような提案ができるのか。

きっとこれはボランティアをする上で難しい、けれども受け入れてもらえた時を想像するととてもワクワクする。そんな問いなのではないかと思います。

それでは今回はこのへんで!

読んでくださってありがとうございました!

Webaale nyo! (Thank you very much!)