手作りアイス売りのガネーシャ【おかりな、インド人に密着してみたvol.1】【海外インターン体験記】慶應義塾大学 長岡里奈

SFCを休学し、インドにて5ヶ月間マーケティングリサーチのインターンシップに挑戦中のおかりなです。 今回から始まる【おかりな、インド人に密着してみた】シリーズの連載では、インド人に密着することで、インクレディブルなインド人の知られざる一面を発信していきます!   今回は、インドでよく見る、「アレ」に密着して見ました! 今回のターゲットは「手作りアイス屋さん」 何と言っても暑いインド。 特に5月から6月にかけて、猛暑が続き、気温は最高50度になることも。 そんなあっつーいインドで暮らす上で欠かせないのが、やっぱりアイスです。 インドでは、アイスを売っているお店はもちろん、ワゴンにアイスを乗せてゴロゴロ運びながら売る人もいます。 多くはユニリーバなどのメーカーの既製品のアイスを売っていますが、中には手作りのアイスバーを売っている人もいます。 今回は、そんな手作りアイスを売っているインド人ガネーシャに密着しました! 手作りアイス売りのガネーシャ このアイス、そんなに美味しくない…。売れるの!? 彼との出会いは、土曜の昼下がりでした。私はあまりの暑さに近所のお店にアイスを買いに行って、それを食べながら家に帰っているところでした。 すると、目の前に木製の屋根付きのリヤカーのような、みたことのない屋台があったので、近づいてみると、手作りアイスのお店だったのです。 食い意地の張った私はすでに右手に既製品のユニリーバのアイスを持っていたにも拘らず、ついついその手作りアイスも買ってしまいました。 このアイスはクルフィーと言われるのだそう。 食べてみると、ミルクベースの優しい味わいです。 ・・・とは言ったものの、私にとってはあまり美味しい〜また食べたい!と思えるような味ではありませんでした(笑) そこで、「こんなものが一体売れるのか?」「このおじさんはもっと良い稼ぎ方があるのではないか?」というギモンを解消すべく、おじさんに密着して一緒にアイスを売ってみることにしました! え、おじさん、神様なの!?...
2017/07/060 DownloadsDownload