【プレスリリース】アイセック早稲田大学委員会×SEEGATE稲門会 「登竜門」

2019年4月26日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

アイセック早稲田大学委員会
×
SEEGATE稲門会 「登竜門」開催のお知らせ

 

 

特定非営利活動法人アイセック・ジャパンの会員団体のアイセック 早稲田大学委員会(以下、弊委員会)は、2019年5月25日14:00~18:00に、株式会社キュービック様の本社(新宿フロントタワー)にてイベント「登竜門」を開催致します。

▼イベント概要

<目的・コンセプト>
海外インターンシップを通してグローバルリーダーを輩出するアイセック。「時代の変化に飲まれることなく自ら変革を起こしていく」というコンセプトのもと、自己研鑽の場を提供するSEEGATE稲門会。
「登竜門」は、そんな2つの団体が、学生と社会人がラフに話し合い、各々の生き方、より良いリーダーになるために必要なことを考える機会として企画しました。

<日時>
5月25日(土) 14:00~18:00(13:30会場)

<場所>
場所:新宿フロントタワー16階(https://cuebic.co.jp/company
〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1

<共同開催>
SEEGATE稲門会(http://seegate-tomonkai.com/
早稲田大学から日本・世界に飛び立っていく人材を育てるために作られた、早稲田大学卒業生による組織です。組織内は、キャリアチーム、グローバルチーム、コミュニティチームの3チームで構成されており、それぞれが多彩な活動を行っています。

<アクセス>
東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」1番出口より徒歩4分
東京メトロ丸ノ内線/都営大江戸線「中野坂上駅」A1出口から徒歩8分

<参加者>
・弊団体のメンバー
・稲門会の皆様
※現段階で社会人30名の参加が確定しております

<コンテンツ>
①Youth Speak
大学生活で何らかの課題意識を感じ、実際に日々行動する若者の純粋な想いや考えを社会人の方々に聞いていただきます。
若者の「志」が育まれ、また、聞いている若者の「価値観」が多様化していくことを目的としています。

②キャリア講師セミナー
起業家教育の領域でご活躍され、セミナー事業を行われている沢津橋 紀洋 様にお話を頂きます。
お話しの内容は内容は、“就活“に留まらず、大学生活の過ごし方について、「どのように過ごすか」「そのために何を考えるべきか」をお話し頂きます。
(※学生が社会人の方と共にインタラクティブに思考する時間があります)

③「学生×社会人」交流会
上記の2つのコンテンツで代表の学生と外部講師の考えに触れ、学生1人1人が社会人の方々と共に、自分について考える時間を提供します。
学生と社会人のラフなコミュニケーションの場となることを想定しております。

<登壇者>


沢津橋 紀洋 様

2012年 早稲田大学文化構想学部3年時に英語アカデミックディベートで全国タイトルを多数授与。4年時に休学を決意。周りが就職活動に励む中、「自分は一生就活をしない」と決め、自身の生き方の模索を始める。単身ヨーロッパ放浪後、人文学に没頭。
2014年 東京大学文学部に編入学。東大新聞オンライン立ち上げに参画。活動が書籍化。
2016年 東京大学教育学研究科入学。経済活動として教育の分野で事業構築。
2018年 上記大学院卒業後、アジア全域での事業創造の研究実践をミッションとするREAPRA Venturesに参画。社会科学全般と教育学の知見から、起業家教育研究に従事。アカデミシャンとの連携も推進。プライベートでも学生の起業支援にコミット。多数の学生の事業構築に伴走。
2019年 REAPRA Venturesにて、東南アジアチームへのアサインが決定。シンガポールと東京を行き来する生活。

<参加方法>
下記のURLより参加フォームに回答して下さい。
URL:https://forms.gle/9L6pZLjeqVTfcYjT8

▼本件に関するお問い合わせ先

早稲田大学委員会 外部関係局統括 山田 裕太郎
事務局 広報ブランド担当 松田 将成
電話:03-6457-5806
Email:info@aiesec.jp