アイセック、ワークス・GiFT主催『WORLD CUP-FOOD FES 2015』に協力

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(以下、アイセック・ジャパン)は、株式会社ワークスアプリケーションズ(以下 ワークス)と一般社団法人グローバル教育推進プロジ ェクト(GiFT) が共同で主催する、高校生がゼロからプ ロデュースした食フェス「WORLD CUP-FOOD FES 2015」の開催に協力します。本食フェスは、2015年11月14日(土)・15日(日)の2日間、赤坂サカスにて開催されます。 WCFFその1 「WORLD CUP-FOOD FES 2015」は、次世代を担う若者のいち早い社会経験と「自ら考えて行動 する人材」への成長機会を提供することを目的に、ワークスと一般社団法人グローバル教育推進プロジ ェクト(GiFT) が共同で開催する食フェスです。現役高校生たちが、ブラジルのパスチウやオースト ラリアの仔羊肉のオーブン焼き、フィンランドのロヒケイットなど世界20カ国の伝統料理を同じ形状・ 大きさのカップで提供するほか、一般来場者の投票や特別審査員の評価によって No.1のカップフードを 決定する、参加型プログラム『食のワールドカップ』を実施いたします。  

現役高校生がゼロから考え、「WORLD CUP-FOOD FES 2015」を完全プロデュース

~ 社会に価値を提供することの難しさや喜びを学ぶ ~

「WORLD CUP-FOOD FES 2015」では、現役高校生たちが食フェスの企画から運営、商品の提供 までのすべてをゼロからプロデュースしています。特徴となるのは、商品企画から調達、原価管理、調 理、品質管理、商品提供にいたるまで、製造小売の全プロセスを高校生がゼロから考えて実行している ことです。本食フェスを通じて、半年以上かけて考え抜いた自分の企画や商品に対して、買い手が示す 反応を肌で感じることで、実社会に価値を提供することの難しさや喜びを体得します。また、『食 のワールドカップ』にて優秀な成績を修めた上位3チームには、海外プログラムへの参加権が贈られ、 本食フェスを通じて身につけた創造性と実行力を持って、グローバル社会へと挑戦します。  

「WORLD CUP-FOOD FES 2015」概要

WCFFその2 名称:WORLD CUP-FOOD FES 2015 主催:株式会社ワークスアプリケーションズ 一般社団法人グローバル教育推進プロジェクト 後援:港区 協力:特定非営利活動法人アイセック・ジャパン、東京大学広告研究会 日時:2015年11月14日(土)15:00~20:00 2015年11月15日(日)11:00~19:00 会場:赤坂サカス Sacas 広場 公式HP:http://www.worksap.co.jp/wcff/ 公式Facebook:https://www.facebook.com/thebunkasai ※食フェス当日は、来場者が審査員の1人となってステージ上で投票を行い、No.1カップフードを決定する、参加型プログラム『食のワールドカップ』を実施いたします。  

【「WORLD CUP-FOOD FES 2015」取材に関するお問合わせ】

報道関係者を対象に、主催者や参加する高校生への個別インタビュー取材なども受け付けております。ご希望の方は広報 金田(pr@worksap.co.jp)までお問い合わせください。なお、当日ご取材いただく場合は、プレスパスの着用が必要となりますので、必ずプレス受付にお越しいただいた上ご取材いただきますよう、お願い申し上げます。

 

<スペシャルクーポン配布中> WCFFその3

Facebook 上で、食べてみたい料理の国名をお書き添えの上、公式HP(http://www.worksap.co.jp/wcff/)をシェアいただいた方には、もれなく「ドリンク一杯(ビール、ワイン、ソフトドリンク、その他酒類)」をプレゼントしております!当日、ドリンク売り場にてシェアした画面をスタッフにお見せください。 ※お1 人様1 回限り。他クーポンとの併用不可  

出店フード一覧 (カッコ内はチーム代表者の所属校)

①オーストラリアの仔羊肉オーブン焼き(麻布高等学校) ②スペインのタコのアヒージョ(麻布高等学校) ③リトアニアのツェペリナイ(神奈川県立鎌倉高等学校) ④インドの抹茶フィルニ(麻布高等学校) ⑤ベトナムの薬膳フォー(非公開) ⑥トルコのサバサンド(聖光学院高等学校) ⑦韓国の黒豚のライスボールチゲ(慶應義塾高等学校) ⑧スイスのラクレット(國學院久我山中学高等学校) ⑨ブラジルのパスチウ(筑波大学附属駒場高等学校) ⑩イタリアのトマトリゾット(渋谷教育学園渋谷高等学校) ⑪中国のワンタンスープ(吉祥女子高等学校) ⑫オランダのオランダワッフル(早稲田大学本庄高等学院) ⑬フランスのペ・ドゥ・ノンヌ(千葉県立松戸国際高等学校) ⑭フィンランドのロヒケイット(東京学芸大附属高等学校) ⑮アルゼンチンのエンパナーダ(聖光学院高等学校) ⑯ジャマイカのジャークチキン(國學院久我山中学高等学校) ⑰セネガルのマフェ(渋谷教育学園幕張高等学校) ⑱インドネシアのナシゴレンwith サテ(かえつ有明高等学校) ⑲タイのぜんざい風サーク・ガディ(日本女子大学附属高等学校) メニュー写真 ※これらは商品サンプルではなく、実際に高校生たちが調理を行った試作品を撮影したもので、「WORLD CUP-FOOD FES 2015」にて提供する実商品となります。  

<アクセス>

WCFFその7  

株式会社ワークスアプリケーションズについて

商号:株式会社ワークスアプリケーションズ 設立:1996 年7 月 代表者:代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸 資本金:3,626,506 千円 所在地:東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル19 階 事業内容:大手企業向けビジネスアプリケーション(ERP)「COMPANY」および、「HUE」の開発・販売・サポート 売上高:36,574 百万円(連結)※2015 年6 月末時点 従業員数:3,872 名(連結) ※2015 年6 月末時点 Web サイト: – 製品サイト:http://www.worksap.co.jp/ – 採用サイト:http://career.worksap.co.jp/  

特定非営利活動法人アイセック・ジャパンについて

設立:1962年 所在地:東京都新宿区新小川町4-16 及川ビル3F 代表:各務 茂夫(東京大学教授 産学連携本部イノベーション推進部長) URL:http://www.aiesec.jp/ 126の国と地域に支部を持つ世界最大の学生団体であり、日本国内では25の大学委員会で活動しています。次代を牽引する人財の輩出を目指し、一定期間海外で就業体験を積む海外インターンシップを学生に提供しています。  

本件へのお問い合わせ先

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 広報・ブランド戦略局 担当:荒川 電話:03-6457-5806 Fax:03-6457-5809 Email:info@aiesec.jp 株式会社ワークスアプリケーションズ 広報(担当:金田) TEL:03-6229-1210 FAX:03-6229-1201 Email:pr@worksap.co.jp

【「WORLD CUP-FOOD FES 2015」取材に関するお問合わせ】

報道関係者を対象に、主催者や参加する高校生への個別インタビュー取材なども受け付けております。ご希望の方は広報 金田(pr@worksap.co.jp)までお問い合わせください。なお、当日ご取材いただく場合は、プレスパスの着用が必要となりますので、必ずプレス受付にお越しいただいた上ご取材いただきますよう、お願い申し上げます。