【プレスリリース】ワークスアプリケーションズ代表 牧野正幸氏ら登壇 8人のイノベーターが集い、これからの社会を語る 「Ikkyo Innovator’s Festival 2017」開催

2017年10月30日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

一橋大学公認学生団体HITPORT

 

ワークスアプリケーションズ代表 牧野正幸氏ら登壇

8人のイノベーターが集い、これからの社会を語る

「Ikkyo Innovator’s Festival 2017」開催

 

 

大学生を対象とした海外インターンシップの運営を主幹事業とする特定非営利法人アイセック・ジャパンの会員団体であるアイセック一橋大学委員会と、一橋大生を対象としてメディア・イベント事業を展開する一橋大学公認学生団体HITPORTは、大学生を中心に社会・世界への視野を広げ、社会に対して一歩踏み出していくきっかけを提供するため、8人の社会で活躍するイノベーターを招き11月20日(月)、今年が第1回目となるイベント『Ikkyo Innovator‘s Festival 2017』を開催します。

(※Ikkyoとは「一橋」の音読みを意味しています。)

 

▼イベント概要

【日時】2017年11月20日(月)17:20-20:10

【場所】一橋大学兼松講堂(東京都国立市中2-1国立西キャンパス内 JR国立駅南口徒歩約10分)

【定員】500名程度(※大学生に限らず、社会人やメディア関係者など、どなたでもご参加いただけます。)

【参加費】無料

【イベントURL】https://www.innovatorsfes2017.com/

【内容】

第1部:基調講演 「2017年、日本で一番働きがいのある会社経営者が語る10年後の未来」

株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役最高経営責任者 牧野 正幸氏

第2部:パネルディスカッション「日本を代表する若手イノベーターに聞く、もしあなたが22歳だったら?」

freee株式会社 代表取締役 佐々木 大輔氏

特定非営利活動法人クロスフィールズ 共同創業者・代表理事  小沼 大地氏

株式会社Ridilover 代表取締役  安部 敏樹氏

一橋大学大学院教授  佐山 展生氏 (モデレーター)

第3部:パネルディスカッション「3年後の自分に、今の自分を誇れますか?」

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ内定者 宮本 滉平氏

学生団体SeedA代表 飛矢 智希氏
株式会社DeNA 狭間 純平氏

 

▼登壇者のご紹介

■牧野 正幸氏 

株式会社ワークスアプリケーションズ 代表取締役最高経営責任者

1996年にワークスアプリケーションズ創業。世界で初めて人工知能を搭載した大手企業向けビジネスアプリケーションを開発し、業界の常識を覆すイノベーションを起こし続ける。 2010年、「働きがいのある会社」第1位(Great Place to Work Institute Japan)に選出されて以来、7年連続TOP5以内にランクイン。優秀な人材の発掘に注力し、国内のみならずインド・中国からも応募が殺到するインターンシップの実施など、独自の人事施策を展開。個人の能力を最大化する働き方を実現している。

 

 

■佐山 展生氏

一橋大学大学院 国際企業戦略研究科教授、インテグラル株式会社 代表取締役、スカイマーク株式会社 代表取締役会長

1972年洛星高校卒業、76年京都大学工学部卒業後、帝人に入社。87年三井銀行(現三井住友銀行)に入行、M&A業務に従事。ニューヨーク駐在時にニューヨーク大学ビジネススクールにてMBA取得。99年東京工業大学大学院社会理工学研究科修了博士(学術)。 98年に日本初の独立系投資ファンドであるユニゾン・キャピタルを共同創設。04年独立系M&Aアドバイザリーファーム、GCAを共同設立。07年インテグラルを共同設立、代表取締役(現任)。15年スカイマークへ出資、同社代表取締役会長(現任)。

 

 

■佐々木 大輔氏

freee株式会社 代表取締役

2年連続Forbesが選ぶ日本の起業家ランキング BEST10。一橋大学商学部を卒業後、博報堂にてマーケティング戦略の立案に従事。投資アナリストなどを経た後、Googleにてアジア・パシフィック地域のマーケティングを統括。2012年にfreee株式会社創業。

 

 

 

■小沼 大地氏

特定非営利活動法人クロスフィールズ 共同創業者・代表理事

ハーバード・ビジネス・レビュー「未来をつくるU-40経営者20人」。一橋大学社会学部・同大学院社会学研究科修了。​青年海外協力隊として中東シリアで活動した後、マッキンゼー・アンド・カンパニーにて勤務。2011年、NPO法人クロスフィールズ創業。同年、ダボス会議 Global Shaper選出。

 

 

安倍 敏樹氏

株式会社Ridilover代表取締役

Forbesが選ぶアジアを代表する若手重要人物TOP30。東京大学在学中に、社会問題の現場を学ぶ旅行「スタディツアー」を提供する「リディラバ」創業。24歳にして史上最年少で東京大学にて授業を担当し、同大学で教員向けに講義を持つ。

 

■宮本 滉平氏

学生団体GEILにて活動した後、鹿児島県長島町で教育を中心とした地域活性化に熱中。3年後半から、スタディサプリを運営する株式会社リクルートマーケティングパートナーズにてインターンを始める。同社に就職予定。

 

■飛矢 智希氏

学生団体SeedA代表。大学1年時にボランティアで訪れたカンボジアでのある体験から、学生団体SeedAを設立。同国でスポーツフェスティバルを開催し、計2000人以上の小中高生が参加。現地の学校や日本のNPOと連携しながらスポーツ教育の普及に取り組んでいる。

 

■狭間 純平氏

大学3年時に海外で働く人を巡る315日間の世界一周を経験。その様子を発信したブログは月間12万PVを獲得するメディアに。ベンチャー企業でのインターンを経て今年4月に株式会社DeNA入社。

 

 

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

平和で人々の可能性が最大限発揮された社会の実現を目指し、海外インターンシップの運営を主幹事業とする世界最大の学生団体の日本支部。国際連合と提携し、持続可能な開発目標SDGsの達成に向けて協働しています。アイセック・ジャパンは1962年に設立され、現在国内では25大学の委員会で活動しています。若者が社会課題解決に向けたリーダーシップを磨く経験として海外インターンシップの設計・運営を行なっています。

アイセック一橋大学委員会

アイセック・ジャパンに所属する25の大学委員会の1つであり、一橋大学、津田塾大学、東京外国語大学、国際基督教大学の学生が主体となって活動しています。

一橋大学公認学生団体 HITPORT

「一橋のキャリアに革命を起こす」をミッションに2016年6月9日に創設され、8月1日より各活動を開始。①本イベントを始めとしたイベント運営 ②『HITPORT』メディアの運営(https://hitportmedia.com/)③キャリア相談活動 の3事業を中心に行なっています。

 

 

▼本件に関するお問い合わせ先

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 会員団体 アイセック一橋大学委員会

代表:本木雅朗  電話:090-1348-2130  Email:masaaki.motoki @aiesec.jp

 

一橋大学公認学生団体 HITPORT

本企画総合監督 HITPORT副代表 奥田啓斗 電話:090-6321-9252 Email:0723keito.o@gmail.com