第1回海外安全対策委員会の開催結果と今後の活動方針について

当団体 Web サイトにてお知らせして参りましたとおり、8月16日(日本時間)、当団体が紹介した海外研修のためにルーマニアに渡航した大学生が、到着直後に殺害されるという事件に巻き込まれました。改めて、衷心よりお悔やみを申し上げます。

当団体では、再発防止策の一環として、危機管理等の専門家から助言を得られる体制の整備を構築するため、外部の複数の専門家による海外安全対策委員会を設置しました。10 月 25 日に第1回の委員会を開催し、その結果を踏まえて今後の活動方針を決定いたしましたので、その内容をお知らせいたします。

詳細については、以下の資料をご覧ください。

アイセック・ジャパン海外安全対策委員会 最終報告書 [PDF: 139KB]

2012年12月28日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

会長 椿弘次

The Next Platform 2012開催のお知らせ (青山学院大学委員会)

青山学院大学委員会は、12月15日にThe Next Platform 2012を開催致します。今回のイベントは企業の方への参加型イベントとして企画しております。海外インターンシップの受け入れ企業や他多数のパートナーの方が参加して頂ける予定です。企業の方は是非参加のご検討をお願いします。

■ 開催概要 ________________________________________ ◆日時:2012年12月15日(土) (予定) 13:30開場 14:00開始~17:30

◆場所:株式会社オウケイウェイヴ 〒 150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル5階 ◆参加費:無料 ◆参加対象者:海外インターンシップまたはアイセックに興味をお持ちの企業の方

■コンテンツ概要 ________________________________________ <Opening> Movieでの紹介、弊団体委員長による挨拶や団体概要説明。

<海外インターンシップ発表会> 今期アイセック青山学院大学委員会の生み出したインターンシップを、受け入れ(海外学生が日本企業で行ったインターンシップ)と、 送り出し(日本人学生が海外で行ったインターンシップ)に分けて紹介いたします。

<コンペティション×グループディスカッション> 学生が発表する企画に対し、企業(社会人)×学生によるグループを組んで審査し、今後実現させていく企画NO.1を決めます。

■ 参加申し込み ________________________________________ 参加をご希望の方はこちらのフォームからお申し込み下さい。 参加登録フォーム

■ お問い合わせ ________________________________________ 本イベントに関してご質問等ございましたら 広報局 堅田( masayuki.katada@aiesec.net ) までお願いします。

アイセック青山学院大学一同お待ちしております

2012年12月 アイセック青山学院大学委員会

ルーマニアで発生した事件に対する当団体の対応と今後の取り組みについて

当団体が紹介した海外研修に参加する予定であった大学生が、8月16日(日本時間)、ルーマニアの空港に到着した後に殺害されるという凶悪な犯罪に巻き込まれました。最愛のご家族を亡くされたご遺族の深い悲しみをお察しし、心からお悔やみ申し上げます。

関係各所の皆様には多大なご心配をおかけしたこと、また、この間当団体の対応について至らない点がありましたことにつきましても、深くお詫び申し上げます。

私どもの海外研修プログラムの過程において、このような結果が発生してしまったことを厳粛に受け止め、本件に対するこれまでの対応状況及び今後の方針について、お知らせいたします。

詳細については、以下の資料をご覧ください。

アイセック・ジャパン海外安全対策委員会 最終報告書 [PDF: 139KB]

2012年10月16日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

会長 椿弘次

事務局長の高橋が、「学習院EX」に掲載されました。

弊団体の専務理事 兼 事務局長の高橋が、「学習院EX」に掲載されました。 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 「いつでも志を高く」 学生が主体となり、海外インターンシップ事業を展開するアイセック。日本支部の代表を務める高橋さんは、活動を通 じて広い視野で物事を見られるようになったという。その背景には、大学1年時のインドでのインターンシップの経験がある。 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////

詳細は、こちらからご覧ください。(ページ:7)

ルーマニアに渡航された日本人女子大学生の訃報につきまして

この度、ルーマニアに渡航された益野友利香さんが、忌むべき事件により逝去されましたことに対し、 強い憤りを感じております。故人のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。

最愛のご家族を亡くされましたご遺族の深い悲しみのご心情をお察しし、心からお悔やみ申し上げます。

なお、当団体ではご遺族のご意向を踏まえ、引き続き本件に関して一切の説明を差し控えさせて頂きます。

 

2012年8月22日

特定非営利活動法人 アイセック・ジャパン

会長 椿 弘次

弊団体事務局長の高橋が、「ROLMO」に取材を受けました。

弊団体事務局長の高橋が、学生のロールモデルを発掘する「ROLMO」に取材を受けました。 記事は、コチラからご覧頂けます。 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////// 【取材記事】「選んだ道でどれだけ頑張ったか」AIESEC日本支部事務局長 高橋 諒 ―Q1.これまでの活動についてお聞かせ下さい。 私は大学に入ってからこれまでAIESECという学生団体で、インドと日本を海外インターンシップで繋げる活動に従事してきました。なぜAIESECでの活動にのめりこんだかといいますと、たまたま1年生の夏に先輩にインドに来ないかと誘われ、連れていってもらったときに、どうしても忘れられない経験をしたからです。 というのも、僕たちの世代が生まれてから、日本は相対的に「右肩下がり」で進んできました。一方で、私がインドで見たのは、街が活気にあふれている様子でした。この様子を見て、インドは今後間違いなく伸びるだろうなと感じました。 ・・・・・・ //////////////////////////////////////////////////////////////////////////

アイセック・ジャパンが、ジャカルタ新聞に取り上げられました。

アイセック・ジャパンが、ジャカルタ新聞に取り上げられました。 記事は、コチラからご覧頂けます。 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////// イ、学生を受入れ 「国、文化、人の理解に。」 中部地区のIT中小企業を中心とした集まり「中部アイティ協働組合」(事務局名古屋市)は、学生が中心となって海外インターンシップを運営する非営利法人(NPO)「アイセック・ジャパン」と協力し、インドネシアの大学生を受け入れる「夢プロジェクトinジャカルタ」を進めている。 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////

アイセック慶應大学委員会がYahooニュースに掲載されました。

アイセック慶応大学委員会が9月に北京で行う、国際会議についてYahooニュースに掲載されました。 記事は、コチラからご覧頂けます。 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////// アイセック・慶大が、北京で日本企業を学生に紹介するイベントを企画  アイセック(AIESEC)慶應義塾大学委員会は、9月15日(土)・16日(日)に中国の北京で、日本企業でのインターンシップを希望する中国の学生200人~300人に日本企業を紹介する大規模なイベント「日中国際会議~JAPAN-CHINA CAREER DAY~」を開催する。同イベントを企画した同委員会委員長の駒形俊太郎さん(理工学部3年)に、イベントの狙い等について聞いた。 ――9月に中国・北京で北京の学生向けのイベントを開くということですが、どういう経緯で?・・・ //////////////////////////////////////////////////////////////////////////

7月23日の日本経済新聞に取り上げられました。

アイセック・ジャパンが7月23日の日本経済新聞に取り上げられました。 記事は、コチラからご覧頂けます。 ////////////////////////////////////////////////////////////////////////// インターン、海外で挑む 文化知り語学も学ぶ  海外でインターンシップ(就業体験)に挑む大学生が増えている。 仕事の厳しさとやりがいを知るというインターンシップの本来の趣旨に加え、海外の異文化に触れ、 語学にも磨きをかけられる“一石三鳥”が大きな魅力になっているようだ。 グローバルに活躍できる人材の育成を急ぐ大学なども、学生の参加機会を増やそうと支援を強めている。 //////////////////////////////////////////////////////////////////////////