特別講義 「学ぶ英語」から「使える英語」へ

東進ビジネススクールのカリスマ英語講師である安河内哲也先生をゲストにお迎えし、
これからの社会で求められる「使える英語力」について考えるイベントを開催いたします。

日時:2015年1月16日(金)18:30開始

会場:ナガセ西新宿ビル
東京都新宿区西新宿1-6-2

当日のコンテンツ:
☑ 安河内先生による特別授業
「本当の英語力を身につけるには?」
「なかなか上がらないと思っている英語学習、何が良くて何が悪いのか?」
350万人が学んだ人気講師の授業を通して、英語学習の極意をお話していただきます。

☑ 海外インターンを経験した現役大学生の講演
実際に海外インターンを体験してきた現役大学生をゲストに迎えて、
大学在学中に海外に出ることの意義や海外インターンで培った使える英語力についてお話いただきます。

対象:大学生・大学院生・2015年度大学入学予定の高校生

費用:無料

お申込み:http://goo.gl/xN1uBX

プロフィール:安河内哲也 (やすこうちてつや) さん

1967年 日本の福岡県北九州市生まれ。東進ハイスクール・東進ビジネスクールのネットワーク、及びTOEIC運営委員会や英語検定協会での講演活動を通じ、実用英語教育の普及活動をしている。特に各種スピーキングテストを普及させる活動に熱心に取り組んでいる。また、アカデミック英語能力試験 TEAPの普及活動にも熱心に取り組んでいる。TOEICスコアは1390点満点 (LR+SW)。 英文ノベル以外にも、これまで、ベストセラービジネス書(「勉強の手帳」(あさ出版)「できる人の教え方」(中経出版)等)、及び参考書を多数執筆した。 発行部数は350万部を超える。これらは、韓国・中国・台湾・タイでも、多数翻訳され出版された。趣味は、自転車、マジック、映画、音楽。韓国語も大好き。

一般財団法人 実用英語推進機構 代表理事(設立準備中)
東進ハイスクール・東進ビジネスクール講師
TOEIC運営委員会セミナー講師
日本英語検定協会教材監修者
国際発音検定顧問
(株)ティーシーシー 取締役
言語文化舎 代表
Mainichi Weekly・東洋経済コラムニスト

オフィシャルサイト▶http://www.yasukochi.jp/index.html
Facebookページ▶https://www.facebook.com/tetsuya.yasukochi?ref=tn_tnmn

【重要】「海外研修プログラム参加規約」改訂につきまして(11/25更新)

この度、海外研修プログラム参加規約を一部改訂致しますのでご案内申し上げます。 使用システムの変更に伴うプロセスの変更を含んでいます。 以下、改訂版の規約データ及び変更点のまとめになりますのでご確認ください。

■アイセック・ジャパン海外研修プログラム参加規約(2014年11月25日改訂) [PDF: 389KB]

■変更内容の詳細 新旧対照表(2014年11月25日改訂)[PDF: 115KB]

■規約変更の適用日:平成26年11月25日(火曜日)

【重要】「海外研修プログラム参加規約」改訂につきまして

この度、海外研修プログラム参加規約を一部改訂致しますのでご案内申し上げます。
使用システムの変更に伴うプロセスの変更、また参加費請求に関する変更を含んでいます。

以下、改訂版の規約データ及び変更点のまとめになりますのでご確認ください。

アイセック・ジャパン海外研修プログラム参加規約(2014年11月5日改訂) [PDF: 389KB]

■変更内容の詳細

新旧対照表(2014年11月5日改訂)[PDF: 115KB]

■規約変更の適用日
平成26年11月5日(水曜日)

アイセックと国連ミレニアムキャンペーン(UNMC)がパートナーシップを結びました!

2014年9月19日(水)にアイセックと国連ミレニアムキャンペーンがMDGsの達成に向けた協同のパートナーシップを結びました。アイセック・インターナショナルの代表を務めるヴィニシウス・ツグと国連ミレニアムキャンペーンのディレクターを務めるコリン・ウッズ氏が国際連合ニューヨークオフィスでサインしました。(下写真はその様子)

photo-31-e1413568686405-1014x487 パートナーシップ合意にサインするヴィニシアス・ツグ (左)とコリン・ウッズ氏 (右)
アイセックは、海外インターンシップ事業を通じて「平和で人々の可能性が最大限発揮された社会を実現すること」を目的に1948年に設立されました。現在、125カ国・地域に支部がおかれ、世界中で若いリーダー育成・輩出している世界最大の学生団体です。 アイセックと国連ミレニアムキャンペーンは、国連ミレニアム開発目標(MDGs)達成のためのアクション実行とポスト2015年開発目標に若者の声を反映させるためにキャンペーンを締結しました。 このパートナーシップでは、国連ミレニアム開発目標(MDGs)の1年後の達成に向けてアイセックが数多くの若者の行動を促し、持続可能な解決策を提示していきます。 具体的には、グローバルサーベイ ”My World Survey”や、世界中の若者の声を集める ”The World We Want 2015” 等のプロジェクトを実行していきます。 その協同プロジェクトの一環としてアイセックは先日ウェブサイト”Youth Speak”を立ち上げました。これは、若者が自分の可能性を最大限発揮するために、どのように教育や雇用の質を改善していくべきかということを”若者自身の声”として集めるものです。集まったデータは有識者や若者に共有され、若者の意見や課題を社会に発信するために活用されます。 今行動を起こし、”Youth Speak”に声を届けましょう。 あなたの声を聞かせてください! アイセックをもっと知りたい方はこちら アイセックHP: https://www.aiesec.jp/ YouthSpeak: http://youthspeak.aiesec.org YouthSpeak Survey: bit.ly/YouthSpeakSurvey 国連ミレニアムキャンペーンをもっと知りたい方はこちら UNMC: http://www.endpoverty2015.org Add your vote to MyWorld 2015 survey See the MyWorld results at Worldwewant2015.org

10月16日(木)京都新聞朝刊に記事が掲載されました(アイセック同志社大学委員会)

アイセック同志社大学委員会です。

10月16日(木)の京都新聞朝刊にアイセック同志社大学創立50周年記念式典についての記事が掲載されています!
ぜひご一読ください。

今年アイセック同志社大学委員会は設立50周年を迎えました。10月18日には、それを記念し式典を行いました。
式典では、村田学長による基調講演を始め、グローバルに活躍される企業の方や、
異国の地で精力的に活動してきたインターンシップ生による話しなどが行われました。
フォーラムでは、企業の方やOBインターンシップ生を交えて、今後必要とされるグローバル人材について話し合いました。

当日は盛況のうちに式典を終えることが出来ました、ご支援頂いている皆様、ありがとうございました。
今後ともアイセック同志社大学委員会を宜しくお願い致します。

2014年10月16日(アイセック同志社大学委員会)

オンライン英会話「レアジョブ」× アイセック コラボレーション企画 (アイセック・ジャパン)

オンライン英会話「レアジョブ」× アイセック コラボレーション企画 -英語力アップ応援!キャンペーン- アイセック・ジャパンでは2014年5月より、 オンライン英会話最大手のレアジョブとのコラボレーションキャンペーンを開始致しました。 背景としては、アイセックの海外インターンシップの参加条件に一定の語学基準を設けていることがあります。アイセックのプログラムでは、海外という環境で主体的に活動するために、1人もしくは少人数で学生を派遣しています。そのため、参加にはやや高い基準の語学力を求めています。 海外インターンシップに挑戦したいが、まずは語学力をもっと伸ばしたい。そんな学生が今回のキャンペーンを活用することで、海外への第一歩につながるのではないかと考えております。 オンライン英会話で語学力を高め、海外インターンシップで実践力を。 アイセックは今後も一人でも多くの学生に対して 海外インターンシップを通じリーダーシップ経験を提供して参りたいと思います。 ◆キャンペーン内容 レアジョブ英会話の、毎日25分のコースを2ヶ月以上継続し、 対象期間中に100点以上スコアがアップした方に対し、2ヶ月分の受講料のキャッシュバックを行う。 対象期間:2014年5月1日~2014年11月12日 特設ページ:http://intern.aiesec.jp/rarejob ———————————————————————————————- ※株式会社レアジョブ:株式会社レアジョブは、「日本人1000万人を英語が話せるようにする」をミッションとし、 オンライン英会話業界 最大級のサービス「レアジョブ英会話」を運営しています。 ※「レアジョブ」とは、無料のインターネット電話ソフト「Skype」を使ったマンツーマンの英会話レッスンサービス。 2014年5月 アイセック・ジャパン

Japan Leadership Development Seminar 2013を開催しました (アイセック・ジャパン)

8月15日から19日の5日間、アイセック・ジャパンでは、25大学委員会から次年度を担うメンバー79名及び 海外のアイセックメンバー15名を集め、トレーニング合宿「Japan Leadership Development Seminar 2013(以下JaLDS 2013)」を開催しました。 今回の企画のコンセプトは「社会に根差したリーダーの輩出」です。 単に組織を引っ張るだけのリーダーではなく、 社会的な問題意識や理想を持ってそれに向かって行動していく、そんなリーダーの輩出をするべく企画しました。 そのため、JaLDS 2013の中では自分たちの目標やなぜ今、活動をしているのかを深め、 さらにそれを行動に移していくためのスキルや知識をセッションやワークを通して身に着けました。 それぞれのコンテンツは以下のリンクからご覧ください。 ▼JaLDsを終えて