パナソニック株式会社ブランドコミュニケーション本部 井上敏也様にブランドセミナー「Action Branding」を行っていただきました。

2017年8月31日、パナソニック株式会社ブランドコミュニケーション本部Wonder推進室総括担当課長 井上敏也様によるブランドセミナー「Action Branding」をアイセックで事業企画に携わるメンバー約90名を対象に開催しました。

 

セミナーの内容

第一部 ブランド論 基礎編

  • ブランドとは何か
  • ブランド・システムについて

 

第二部 ブランディング 実践例

  • 乾電池実証キャンペーン
  • オンライン・エコ・ブランディング
  • Wonder創出プロジェクト

パナソニック株式会社ブランドコミュニケーション本部Wonder推進室総括担当課長 井上敏也様

第一部 ブランド論 基礎編

第一部では、ブランドに関する基礎的な理論と、アイセック・ジャパンのブランド・アイデンティティーに関するお話をしていただきました。

「ブランド」が、マーケティングの一部ではなく経営戦略の中核を担うべき概念であることや、言葉で定義しただけでは不十分であり、実践を通して様々な場で体現し続けることこそが重要であることを学びました。

第二部 ブランディング 実践例

第二部では、他者の事例や、井上様が実際にご経験されたブランディングの実践例をご紹介いただきました。


井上様がブランディングを担当した、オキシライド乾電池のTVCM

最後に、本セミナーを通じて得た学びを、今後の事業活動にどう活かすかを考え、ディスカッションを行いました。

ブランドセミナー参加者の声

パナソニック様の掲げるビジョンが、実際のブランド戦略にどのように反映されているか実例を踏まえてお話をお伺いする中で感動しました。特に乾電池エボルタのCMは、初めて拝見させていただいたのですがブランドを体現する姿勢が印象的でした。ご講演を通じて改めて先述した”体現することの大切さ”を教えていただく機会となりました。ありがとうございました。

(アイセック上智大学委員会 副委員長 兼 広報ブランド戦略統括)

 

ブランドが空想のもののように感じていたが、現実のものとして体感できました。ブランドは表現するだけでは意味がなく、体現しなければならないということが、実感出来てとても満足しています。貴重な経験ありがとうございました。

共創的リーダー(Social Co-Creator )を輩出するというアイセックのビジョン・ミッションを「体現」できるような商品を創っていきたいと思います。

(アイセック関西学院大学委員会 送り出し事業担当)

 

アイセックにて商品ブランドの策定を行っていて、定義自体に満足はしているが、実践がまだまだ足りないなと痛感しました。ブランドを体現して行くことに今後取り組んでいきます。

(アイセック同志社大学委員会 副委員長 兼 広報ブランド戦略統括)

 

経営理念と商品をつなげて、その価値を伝えるために行動を起こすことの重要性を理解できました。アイセックの経営理念から一貫性をもって現場のプロダクトまで落とし込むことを意識して修正しようと思います。さらに、委員会内でも自分たちのブランドを確立させるためにしっかりと行動に起こして行く必要があると感じました。

(アイセック中央大学委員会 副委員長 兼 送り出し事業統括)

 

とても率直な感想を言うと、「こんな仕事がしたいなぁ」と思いました。自分は元々、サービスよりも、物を使って、物を作って周囲に驚きを与えるようなことがしたいと考えていました。ブランドを実践する、というのは、まさにそこに当てはまるな、と思いました。ある技術を使うことで、初めて実感出来る経験があり、砂漠のスノーマンなどはまさにそうでした。

こういった、人の生活に、普段考えられない驚きを生む、という行為をやっていきたいと思うので、このセミナーは僕にとって、期待を広げられるものとなりました。

(アイセック明治大学委員会 プロジェクトリーダー)

関東会場でのセミナー参加者の集合写真

セミナー情報

【セミナー名】

Action Branding

〜パナソニックの活動事例を通じたブランディングの考察〜

 

【講師】

パナソニック株式会社ブランドコミュニケーション本部Wonder推進室総括担当課長 井上敏也様

 

【対象】

アイセックでブランディングに関わるメンバー約90名

 

【場所】

<東京会場>パナソニック 東京汐留ビル

<大阪会場>OBPタワー

 

【ご協力】

パナソニック株式会社

http://panasonic.jp/

 

 

【2017年3月にパナソニック株式会社様と共催したイベントの開催報告はこちら!】

 

カンボジアの運動会で感じた、文化の『壁』【海外インターン体験記】【カンボジア】【連載3】明治大学 花本夏貴

こんにちは。

カンボジアにてインターンシップ中の花本夏貴です。

こちらの生活にもやっと慣れて、インターンに参加している他の国のメンバーとも楽しく過ごしています。

今回のインターンでの最大のイベント、”Janesana Sports Festival(運動会)“でのいろいろな気づきを紹介します。

 

そもそも、なぜ運動会…?

今回、運動会を行う学校はJanesana International School (以下JIS)。インターン参加者はこちらの学校でも授業をしています。しかし子供達は普段から体育授業に触れることはなく、いわば「英語塾」のような学校になっています。

連載1でも多少触れましたが、カンボジアには「学校が楽しくない」という理由でドロップアウトしてしまう生徒がまだまだ多数います。学校を少しでも楽しい場所にしたい、スポーツを通じて様々なことを教えていきたい、ということで学校を楽しい場所にする1つの手段として、運動会実施という運びになりました。

今回の運動会開催は、学生団体SeedA様(代表:飛矢 智希)を中心に行われました。出国前に愛知県内の中学生と種目を一緒に考えたり、飛矢さんからはインターン生の全体マネジメントを任されるなど、運動会に携わる1人として、様々な機会をいただきました。

SeedAのイベントで、中学生と一緒に1つのゲームを考えました。
非常に短い時間でしたが、彼らのアウトプットにはかなり驚きました。

ギリギリでいられても困る…

しかしながら、異国での運動会開催は日本のようにすべてがうまくいったわけではありません。運動会のすべての情報が共有されるのが前日や当日になることもあり、SeedAも含め、自分たちが何をどうすればいいのか全くわからず、準備もままならないまま本番を迎えました。

カンボジアの文化として、どんな大事な出来事だとしてもかなりギリギリにならないと伝えてくださらない。

今回の場合だとJISのディレクターがギリギリまで詳細を伝えてくださらず、その中でインターン参加者との会話でミスコミュニケーションも生まれてしまい、インターン参加者の中では不満が噴出してしまうことも多々ありました。

1つ1つのゲームに対して本気で一喜一憂。

苦労した中で見えた課題

そんな中でも、運動会自体はスムーズに運営することができました。手探り状態の中でもインターン参加者が子供達を整列させるのを手伝ってくれたり、途中には一緒に競技に参加したり。また子供達も全力で楽しんでくれたのと、参加者全員でスポーツの楽しさを共有できたのは本当に貴重な経験になりました。

最終日の午後には文化交流会も開かれ、「ソーラン節」やスペインのダンス、カンボジアでの流行曲のカラオケなどが行われ、大いに盛り上がりました。

ただ、会期の中でどうしても“許せない“気づきもありました。

ルールを守ること、危険に対する意識の低さ

子供達はもちろん、一部の先生もルールを守ろうとしない。また危険であることがわからないと会期を通じて感じました。

具体的には『台風の目』でバトンタッチの際にフライングをしてしまったり、『玉入れ』の際に、合図の笛が鳴った後でもお構いなしに球を投げ続けたり、綱引きでは縄をスタートすぐに持ち上げやすくするために縄を足に引っ掛けたり。また運動会を行なっている同じフィールド内でサッカーをしようとしたり。

子供達には感情ではなく、「こういう理由でダメなんだよ」と説明しましたが、返ってくる理由は「向こうもやっているから」。

心の中では「いや、そういうことじゃなくって…」と何度も思いました。

綱引きでもルールを徹底させようとyour hands, on your headさせるも、足が…

生活面でもトゥクトゥクが道路を平気で逆走するなど、普段から感じていることでもあるので、この意識の違いは文化的な違いなのかもしれません。

しかしながら、自分の価値観として「目標達成」うんぬんよりも、

『まずやるべきことをしっかり行った上で自分のやりたいことを行なっていくことを是』

と考えているので、この文化の違いに非常に敏感に反応してしまいました。

3日間の運動会をやりきった学生団体SeedAのメンバーとインターン参加者
後列左から4人目が花本、最前列中央が代表の飛矢さん

この『壁』にどう取り組むのか?

運動会の翌日からも、もちろん通常の授業が待っています。ここで感じた文化の『壁』に対して、どう取り組んでいくのか。その中にどうやってこの気づきを、すでに決定しているJISのカリキュラムにどう取り入れていくのか、が今後の課題となっています。

自分のやりたかった『目標達成』の授業と『ルールを守る』ことの重要性をどう組み込むのか。

インターンの終わりも近づいてますが、最後の最後まであがいて来ます。

 


【花本夏貴さんの参加したEducation Innovator Programmeの詳細はこちら!】

 

 

インド人にとってはこれが普通! インド会社で働いてびっくりしたこと7選<第二弾>【海外インターン体験記】【連載4】慶應義塾大学 長岡里奈

ナマステ!

SFCを休学し、インドで海外インターンシップを行っている、おかりなです。

今回は、インドの会社で働いてみてびっくりした、インド人の常識についてのレポート第二弾をお届けします。

 

第一弾はこちら!

【びっくり①】路上の床屋さん

インドの道を歩いていると、鏡と椅子が置いてあるのをよく目にします。これは路上の床屋さんで、道端で髪を切ったりヒゲを剃ったりしてくれるんです。通行人の視線もおかまい無し。

屋根を作っている床屋さんもあれば、屋根も仕切りもない場合もあります。とっても開放的ですよね。インドに訪れる際にはぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

路上床屋さんとお客さん

【びっくり②】堂々とぶら下がる生理用品

日本では、生理用品は棚の下の方の段など、あまり目立たないところに置いてあるのが普通ですよね。

でも、インドではなんとお店の入り口の上からぶら下がっているんです。しかも色もオレンジや緑など、とても目立ちます。

余談ですが、生理用品とオムツはユニチャームの商品のシェアが多く、特にマミーポコパンツは、日頃オムツを買うことが少ないスラムのお母さんでさえ知っていたので、日本人として誇らしくなりました。

オレンジ色のものが生理用品です。遠くからでも目立ちます。

【びっくり③】小指の爪を伸ばす

インド人男性と話していると、よく小指の爪だけ伸ばしています。レストランの店員さん、オートリクシャーの運転手さんなど、揃いも揃って小指だけ。

当初は「何かヒンドゥー教の教えと関係しているのかな」と思っていましたが、小指の爪を伸ばしている男性に聞いてみると「ただ楽しいから」と答えていました。

知り合いのインド人によると、「古い世代はヒンドゥー教の特殊な教えを信じて爪を伸ばしているけど、若い世代は宗教的な背景を知らず、ただカッコイイと思って伸ばしている」という状況なのだそうです。

見た目は奇妙ですが、なんだか便利そうな爪ですよね。

こんな風に小指の爪だけ見事に伸ばしています。

【びっくり④】男性同士手を繋ぐ

インド人の男性同士はとても仲が良く、肩を組んだり、中には手を繋いで歩く人たちもいます。日本では、男性同士が手を繋いでいたら、カップルかな?と思いますが、ただの友達でも、仲が良ければ手を繋ぐんです。

ただ、これはすべてのインド人に共通することではなく、「男友達同士で手を繋ぐなんて気持ち悪い」という意見を持つインド人男性もいます。

⑤仲良くなるとチャイをくれる

インドといえばマサラチャイ!前回の記事でも紹介しましたが、インドでは小さなカップでチャイを飲む習慣があります。

オフィスだけではなく、例えばスラムでもお母さんがチャイを淹れてくれたり、行きつけの小さなお店でも、仲良くなったおじちゃんがチャイを振舞ってくれたりするんです。いただくチャイはマサラ(スパイス)が入ったマサラチャイ。なんともいえない癖になる美味しさです。

遠慮して「要らない」と何度言っても、笑顔で何杯もチャイを振舞ってくれるインド人の人懐っこさを感じました。

チャイを振舞ってくれる行きつけのお店のおじちゃんです。

【びっくり⑥】ヘルメットの紐は歯でとってくれる

私はよくバイクタクシー(バイクを二人乗りするタクシー。略してバイタク)を利用するのですが、よくヘルメットの紐が壊れていたり、緩すぎたり、逆に硬くしまっていて被れなかったりします。そんな時、バイタクのお兄ちゃんは自分の歯を使って結び目を解いてくれます。よだれが紐に染みていてちょっと汚いのですが、一生懸命でとてもありがたいです。

【びっくり⑦】政府が設置した水飲み場

私が住んでいるジャイプールには、数カ所に政府が設置した「飲み水の給水所」があります。ここでは誰でも無料で飲める水を手に入れることができるので、スラムに住んでいて浄水器はおろか水道がない人や、日中暑い中ずっと屋外で働いている人などが自前の水筒に水を汲んだり、顔を洗ってリフレッシュしたりしています。

本当に飲めるのか怪しいと感じたので、実際に飲んでみましたが、日本人の私でもお腹を壊すことがなかったので、皆さんもインドにお越しの際には飲んでみてはいかがでしょうか。

政府が設置した水飲み場。

いかがでしたか?

日本人にとってはインクレディブルでも、インド人にとっては当たり前の状況に面白さを感じていただけていたら嬉しいです。

 

現在インドの衛生状況改善のため、リサイクル石鹸1つ購入につき2つスラムに届けるプロジェクトにてクラウドファンディングを行なっているので、興味があればぜひチェックしてみてください!

 

インドの子供たちを助けるリサイクル石鹸”SOLP”を広めたい!

長岡里奈さんが推進するプロジェクトのクラウドファンディングページ

 

【インド会社で働いてびっくりしたこと7選<第一弾>はこちら!】

 

【長岡里奈さんの参加したビジネスインターンシップの詳細はこちら!】

 

自分を知ること、世界を知ること【海外インターン体験記】【ベトナム】【連載1】関西学院大学 脇田あかね

はじめまして。

ベトナムで教育系のインターンシップに参加している関西学院大学2年の脇田あかねです。

今回は、私がベトナムでのインターンシップに参加しようと決めたきっかけについて書こうと思います。

ベトナムへの出国当日、空港まで見送りに来てくれた担当マネージャーとの写真。

人と向き合い、自分と向き合う。そして自分自身を知る経験。

これは今回のインターンシップを通して私が成し遂げたい目標でもあります。

 

なんだかかっこいい感じに言っていますが、普段自分と向き合う時間ってなかなかないと思います。

自分自身のことって、知っているようで意外と知らなかったりします。

実際に私も日本で生活しているときは、自分について深く考えることはほとんどありませんでした。

 

自分が本当に好きなことはなんだろう。

自分が大切にしている価値観ってなんだろう。

自分の強みと弱みってなんだろう。

 

6週間という期間を使い、普段と違った環境に身を置くこと、そしてインターンシップを通して違った文化や価値観を持った人と協働することで、この答えをじっくり見つけてみようと思いました。

ルームメイトたちとの夕食の様子。

新しいことに挑戦したかった。

私はいままで一度も東南アジアの国を訪れたことはありませんでした。

東南アジアは私のなかで、発展途上国!というイメージしかなく、そこで生活するなんて想像もできませんでした。

でも、大学生のうちに何か新しいことに挑戦してみたい!という気持ちと、6週間なら挑戦してみよう!という思いでベトナムでのインターンシップに参加することを決めました。

初日に食べたパクチーたっぷりのフォー。

 

やっぱりおもしろい!

実際にベトナムにきて3週間弱経ちましたが、すでにたくさんのカルチャーショックを受けています。

文化も習慣も日本と違うことだらけです。また、途上国ならではな問題もそこら中で目にします。

道を渡るのも怖いほどの交通量。

やっぱり現地に来てみないとわからないことってたくさんあるな。と日々実感しています。

もちろん現地での生活は大変なこともありますが、新しい発見が多くとても刺激的です。

 

次回は、私が現地に来て一番驚いた、ベトナムの交通事情について書こうと思います。

 

知ること、そして考えること【海外インターン体験記】【カンボジア】【連載1】筑波大学 小川真穂

スース・ダイ!こんにちは!

Education Innovator Programme(EIP)という、アイセックの海外インターンシッププログラムを使い、カンボジアで英語を子どもたちに教えるインターンに参加中の小川真穂です。

毎日、カンボジアでたくさんの人に支えられながら日々を元気に楽しく生きています!

今回は大学2年生の貴重な夏休みの2ヶ月間を、なぜ海外インターンに参加すると決めたか、また、実際にカンボジアに来てから考えたことをお伝えします。

 

なぜカンボジアで教育を?

なぜ今回のインターンに参加しようとしたのか、

それは

「もっといろんな子どもに”伝える”経験をしたい」

「今まで行ったことのない国で行われている”教育”を見てみたい」

という2つの大きな理由があります。

 

私は過去に、いばらき子ども大学県南キャンパスの授業の1コマを、筑波大学チームつくスタという団体として小学生約120人に行った経験があります。

一人でも多くの人が世界での教育の現状を知り、自分たちができることを考える。

そして、世界にアクションを起こすきっかけづくりをすることを目標としている団体です。

筑波大学チームつくスタの一員として、いばらき子ども大学県南キャンパスの授業をした時の様子

授業といっても、私ができることは、あくまでも事実を伝えること、そこから考えるのは小学生自身です。

しかし、伝える内容をある程度選定していることで誘導的になったり、ちょっとした一言で小学生に考えさせることができなくなってしまったりしました。

それを改善するために、みんなで何度も話し合いを重ね、細部までこだわった授業を作りました。

 

議論を重ね、授業を作っていく中で一番感じたのは、伝えることの難しさです。

それと同時に小学生が熱心に聞いてくれる姿を見たり、小学生の意見を聞いたりする中で、自分自身にもたくさんの学びがあり、とてもワクワクしました。

授業を準備している期間は、自分自身に対する問いかけのきっかけでもありました。

小学生に、「知る→考える→アクション」をして欲しいと考える中で、自分は世界の教育の現状をどれくらい知っているのだろうかと疑問を持つようになりました。

 

このような授業の経験から、最初に述べた「もっといろんな子どもに”伝える”経験をしたい」「今まで行ったことのない国で行われている”教育”を見てみたい」という感情を抱き、Education Innovator Programmeへの参加を決意しました。

“Education Innovator Programme”のTeach For Japan監修 渡航前研修合宿#2の様子

自分らしく、自分にできることを。

私は、この2ヶ月間のインターンシップを通じて、

「自分が関わった子どもたちに学ぶことの価値を感じてもらいたい」

「知ること、そしてそこから考えてもらうことを繋げたい」

と思っています。

 

子どもたちに向き合った結果、何かしらの形で自分ができることで学校に、子どもたちに、先生たちに、影響を与えたいし自分も影響を受けたいと思っています。

 

正直、「何か形に残ることしなきゃ!」「何かスゴイことしなきゃ!」と周りをみてて焦ることもあります。

ただ、焦らず、自分がどんな目的で、何をしにここに来たのか。

自分らしく、自分にできることを一つ一つしていこうと思っています。

 

【小川真穂さんの参加したEducation Innovator Programmeの詳細はこちら!】