アイセック出身の坂野晶さんに世界経済フォーラム共同議長の選出背景や意気込みを伺いました

2019年1月25日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

アイセック出身の坂野晶さんに
世界経済フォーラム共同議長の
選出背景や意気込みを伺いました

 

関西学院大学在学中にアイセック・ジャパンに所属し、モンゴル支部の元代表を務めた
坂野晶さんが、世界経済フォーラムにて共同議長に選出されました。

坂野さんは現在、徳島県上勝町でごみゼロを掲げて活動するNPO法人ゼロ・ウェイストアカデミーの理事長を務められています。

今回の選出背景や意気込みについて、話をお伺いしました。

 

どのように選出を知りましたか?

『あなたが2019 年次世界経済フォーラムの共同議長に選出されました!』というメールがいきなり届きました。
 
元々、Global Shapersのメンバーとして活動していました。通常は、Global Shapersとして世界経済フォーラムに参加できる枠があるのですが、応募した記憶がなくて、と戸惑いました(笑)

去年はノルウェーの首相やIMFのトップなどが議長を務めていたので、その議長という役割に自分が選出されたということでとても驚きました。

今回は6名の議長がGlobal Shapersから選ばれました。それぞれが異なる分野を代表し、世界経済フォーラムの場で若者の声を届けるということが大事にされたのだと思います。

私はサステナビリティのテーマを担当していると思ってます。世界でも重要視されているテーマだからこそ、若者が実際にどういうアクションを取っているのか、その視点から通常世界経済フォーラムに参加しているようなグローバルリーダーに何を伝えられるかが非常に大事だと考えています。

 

今の活動にアイセック時代の経験がどのように活かされていますか?

 アイセックでは、代表が世界中から集まって今後のアイセックについて議論する国際会議という場があります。私もその会議にモンゴルの代表として参加しました。各国の代表がそこに集結するのですが、みんな出身国と代表としてきている国が違ったんですね。(下記写真参照)

モンゴル支部の代表をしていた際の国際会議の写真

 
この頃の面白いエピソードがありまして、ホテルでこの写真のメンバーでご飯を食べているとき「あなたたちはどこから来たの?」とよく聞かれたりしましたね。全員英語で喋っていたのですが、その人には全く違う言語のように聞こえていたみたいなのです。
 
こういった経験が、今の私の活動に活きていることは間違いないですね。
今回の世界経済フォーラムでのテーマの一つに、「愛国者でありながら、グローバル市民になれるか」という問いがあるのですが、まさにアイセックでのこういった経験は、それが可能だと実感させてくれた経験だったと思っています。

また、同様に今回の世界経済フォーラムにおいて、世界のリーダーたちに発信する若者のメッセージとして「Feel Uncomfortable」というものがあります。アイセックの価値として私自身一番感じていたことがまさにこれで、「居心地の良い場所から抜け出した場所に成長がある。分かり合えない人とも分かり合う、難しいと思うことにアクションする。」そういったエネルギーこそが本当に世界を変えると思っています。

現役の皆さん頑張ってくださいね!

 

▼世界経済フォーラムとは
1971年にスイスの経済学者クラウス・シュワブ氏によって設立され、ビジネス、政治、経済、学界をはじめとする多様な分野のリーダーたちが協力し合い、グローバル、地域、そして産業などさまざまな課題について議論し、その解決に取り組んでいる非営利の国際機関です。毎年1月下旬に行われる年次総会は「ダボス会議」としてよく知られています。

▼特定非営利活動法人アイセック・ジャパンについて
平和で人々の可能性が最大限発揮された社会の実現を目指し、海外インターンシップの運営を主幹事業とする世界最大の学生団体の日本支部。国際連合と提携し、持続可能な開発目標SDGsの達成に向けて協働しています。アイセック・ジャパンは1962年に設立され、現在国内では25の大学委員会で活動しています。若者が社会課題解決に向けたリーダーシップを磨く経験として海外インターンシップの設計・運営を行なっています。

 

▼本件に関するお問い合わせ先
特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 広報担当:中居磨美
電話:03-6457-5806  Fax:03-6457-5809  Email:info@aiesec.jp

 

【プレスリリース】アイセック主催 産官学協働 地方創生プラットホーム「守破離」 イベント開催報告

2019年1月18日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン

アイセック主催 産官学協働
地方創生プラットホーム「守破離」
イベント開催報告

 

海外インターンシップ事業を主幹事業とする特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(本部:東京都新宿区、会長:各務 茂夫)の会員団体である早稲田大学委員会は、産官学協働の地方創生プラットホーム「守破離」第一弾となるイベントを開催いたしました。今回は、地方創生に関心のある学生や社会人、また、大学教授、官僚や自民党関係者、座間市役所など100人規模で一同に会し、それぞれの立場から座間市役所に政策提言を行いました。

▼イベント誕生の背景

アイセック・ジャパンは、海外インターンシップを主幹事業として、社会課題を解決するリーダーを輩出することを目的とした団体です。会員団体である早稲田大学委員会では、様々な社会課題に取り組む中で「地方創生×人材育成」というテーマに関しても海外インターンシップ受け入れを企画・運営してきました。

「守破離」は地方創生・観光に関する課題に対して取り組む関東六大学のプロジェクトが中心となって発足したプラットフォームです。東京一極集中が叫ばれる現代日本社会に対して、地方創生を観光や人材という観点から解決を目指す産官学領域の社会人と学生が持続的に解決策を編み出していくことを目的としています。

業態を越えた連携が可能なプラットフォームの第一弾として、「地方創生」に取り組まれている産官学領域の第一人者の方々をお招きし、それぞれの立場から地方創生への政策提案、社会課題の解決を目指す、今回のイベントを開催する運びとなりました。

▼イベントの概要

<目的>
産官学が協働できるプラットホームの創生
それぞれの立場から地方創生への政策提案、社会課題の解決を目指す

<対象>
地方創生や観光分野に関心がある大学生、社会人

<日時>
12/23(土) 12:30-17:40

<場所>
株式会社会社キュービック様オフィス提供
〒150-0013 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー

<参加費>
無料

<内容>

12:00 受付開始
12:30 イベント開始
開会の挨拶、団体・企画紹介
13:15 企業説明会
13:45 座間の説明
14:10 グループに分かれ、施策立案
16:55 優秀案発表
17:25 閉会の挨拶
17:40 イベント終了

<参加者一覧>
座間市役所
かながわ自民党学生部
中央官庁
賛同企業10社
「地方創生×人材育成」に関心のある学生
「地方創生×人材育成」にまつわる社会人      など総勢100名

▼イベント当日の様子

開催の挨拶

全国の公務員を結びつけるプラットフォーム「よんなな会」を主催なさっている脇様より開会のご挨拶を頂きました。

神奈川県座間市自民党学生部の佐藤様より、座間市の現状と3つの課題に関してご説明頂きました。座間市は新宿や横浜の通勤圏内にあるベッドタウンとして発展してきましたが高齢化による衰退が予想されています。そこで農業、商店街、観光の観点から座間を盛り上げていきたいというお話がなされました。

14のグループに分かれ、産官学の垣根を超えて「何が座間市民のためになるか」を議論しました。


二案が優秀作として発表を行いました。相武台駅前南口商店街にセレクトショップをつくること、そして座間市でのアイセック・ジャパン国内総会開催が提案されました。

本企画統括から今後の展望についてお話させて頂きました。

様々な団体・個人が参加する多様なイベントとなりました

 


 
▼特定非営利活動法人アイセック・ジャパンについて
平和で人々の可能性が最大限発揮された社会の実現を目指し、海外インターンシップの運営を主幹事業とする世界最大の学生団体の日本支部。国際連合と提携し、持続可能な開発目標SDGsの達成に向けて協働しています。アイセック・ジャパンは1962年に設立され、現在国内では25の大学委員会で活動しています。若者が社会課題解決に向けたリーダーシップを磨く経験として海外インターンシップの設計・運営を行なっています。
 

▼産官学協働地方創生プラットホーム「守破離」について
アイセック・ジャパンにおいて地方創生・観光に関する課題に対して取り組むプロジェクトが中心となって発足したプラットフォームです。東京一極集中が叫ばれる現代日本社会に対して、地方創生を観光や人材という観点から解決を目指す産官学領域の社会人と学生が持続的に解決策を編み出していくことを目的としています。

「守破離」Facebookグループページ
https://www.facebook.com/groups/925769924293105/

 
▼本件に関するお問い合わせ先
アイセック早稲田大学委員会 外部関係統括 兼 本企画統括 田内大輝
電話:03-6457-5806  Fax:03-6457-5809  Email:walc18_shuhari@aiesec.jp

 


【イベント開催報告】アイセック同志社大学委員会 キャリアを考えるイベント「New Look」を開催

2019年1月8日

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン


アイセック同志社大学委員会
キャリアを考えるイベント「New Look」を開催

 

 

海外インターンシップ事業を主幹事業とする特定非営利活動法人アイセック・ジャパン(本部:東京都新宿区、会長:各務 茂夫)の会員団体であるアイセック同志社大学委員会は、2018年12月13日、同志社大学で、LINE株式会社・株式会社ベネッセコーポレーション・株式会社リンクアンドモチベーション・シスコシステムズ合同会社をお呼びし、アイセックメンバー約80人に対し、キャリアを考えるイベント「New Look」を開催致しました。

▼イベント開催背景

弊委員会では、大学生活を過ごしたアイセックでリーダーシップを発揮する経験と、卒業後のキャリアとのつながりを感じにくいメンバーがいることへの課題意識がありました。そこで志を持った学生を応援したい企業様にお声かけし、開催に至りました。

▼イベント目的

所属するメンバーが活動やそこで得た経験を、自身のキャリアに結びつけ、社会に出てからもリーダーとして輝き続けることができるようになることを目的として開催に至りました。
また、社会にインパクトを与える事業を行っている企業様と共同で開催することで、メンバーが社会でより価値発揮するために最適なキャリアを選択できれば、社会も大きく前進するのではないかという期待も込めました。

▼イベントの流れ

1.オープニング
2.登壇者様のご講演
3.パネルディスカッション

▼イベント詳細

 

1.オープニング

はじめに、本イベント主催者の弊委員会副代表 北島和季より、「New Look」を開催する背景や目的をお話しさせていただきました。
また、登壇者様より簡単に自己紹介をしていただきました。

2.登壇者様のご講演

4名の登壇者様に以下のテーマで、ご講演いただきました。
・株式会社リンクアンドモチベーション 竹池 日出人様「これからの社会で必要なキャリアの考え方とは?」
・シスコシステムズ合同会社 Jerry Xue様「働きがいのある組織で実践されていること」
・株式会社ベネッセコーポレーション 五反田 麗様「教育業界で働くということ」
・LINE株式会社 青田 努様「いいキャリアとは」

 

 

3.パネルディスカッション

キャリアをテーマに、弊委員会 北島をモデレーターとして、4名の登壇者様とディスカッションをさせていただきました。
事前に参加者から集めた悩みや質問をもとに、「具体的にやりたいことが見つからない」「幅広い経験を取るべきか、一つのスキルを磨くべきか分からない」といったテーマについてお話しいただきました。
特に、「キャリアプランを描けていない」といった不安を抱える参加者の声に対し、「そもそも鮮明に描くことにこだわり過ぎず、大まかな人生のミッションや根源的なモチベーションをとらえた上で、目の前のワクワクすることに一生懸命取り組むことが大事」というご意見が参加者の心にも残っていたようです。

 

 

▼参加者の感想

・キャリアを考える際に、自分が影響を与えられる人数と影響度合いのバランスという着眼点がとても新鮮で参考になりました。
・「努力はセンスを凌駕する」という言葉が印象的でした。
・ 元々「仕事」と聞くと、大変とか辛いっていうイメージもありましたが、キャリアについてのお話や、実際に新しい柔軟な働き方を実践されている話を聞いて、働くことを以前よりもポジティブに捉えるようになりました。

▼イベントについて

【イベント名】New Look
【参加者】アイセック同志社大学委員会 及び アイセック京都大学委員会メンバー 約80名
【日時】12/13(木) 18:30-21:00
【場所】同志社大学 今出川校地 新町キャンパス
【ご協力】
LINE株式会社(https://linecorp.com/ja/)
株式会社ベネッセコーポレーション(https://www.benesse.co.jp/)
株式会社リンクアンドモチベーション(http://www.lmi.ne.jp/)
シスコシステムズ合同会社(https://www.cisco.com/c/ja_jp/index.html)

 

 

▼特定非営利活動法人アイセック・ジャパンについて
平和で人々の可能性が最大限発揮された社会の実現を目指し、海外インターンシップの運営を主幹事業とする世界最大の学生団体の日本支部。国際連合と提携し、持続可能な開発目標SDGsの達成に向けて協働しています。アイセック・ジャパンは1962年に設立され、現在国内では25の大学委員会で活動しています。若者が社会課題解決に向けたリーダーシップを磨く経験として海外インターンシップの設計・運営を行なっています。アイセック・ジャパンの会員団体の一つであるアイセック同志社大学委員会は、同志社大学の学生を中心としたメンバーで活動しています。

 

▼本件に関するお問い合わせ

特定非営利活動法人アイセック・ジャパン 広報担当:中居・木下
電話:03-6457-5806  
Fax:03-6457-5809 
Email:info@aiesec.jp